アパート経営の基礎知識

アパート経営と融資を活用

アパート購入をすべて自己資金のみで支払う方はほとんどいません。
多くの方がローンを利用して投資物件を購入します。
ここでは利回りを上げるためのローン活用法について説明します。

img-14-1

アパート物件を購入する時、現金で全て払う方はほとんどいません。
多くの方がアパートローンを活用することになるでしょう。
アパートローンでは、レバレッジ効果という投資におけるテクニックを使うことが出来ます。
レバレッジ効果とは、不動産投資を行う際の資金を自己資金と借入金を合わせて、全額現金で払うよりも利回りが多くなる効果のことです。
つまり、同じ現金を使うとしても、アパートローンの力を借りてさらに大きなアパートを購入した方が、収益が増える可能性があります。
また、収益だけではなくアパートローンによって、価値が高い物件を買うこと場合、最終的な資産も増えることもあります。
他の投資では数千万円単位での融資が利用出来ることはほとんどなく、レバレッジ効果を上手く活用しながら資産を形成していくことは賢い資産運用のひとつと言えるでしょう。
一方でアパートローンは、メリットだけがある方法ではありません。
レバレッジ効果と言うのは、アパート経営が長期的に見て安定している事などが前提です。
もし、長期的に空室になるなどで賃料収入がローンの返済額を下回るような状況になると、大きな赤字になるリスクがございます。
そのため、アパート経営では長期的に出来るだけ多くの投資を運用することが成功に繋がります。
また、収支バランスはアパート経営においてもっとも大事な要素のひとつであると言えるでしょう。

  • 次へ
  • 次へ
  • もどる
  • 結果を見る
  • もどる

アパート経営特集

協力企業インタビュー

  • 東京セキスイハイムインタビュー
  • 大東建託インタビュー
  • 旭化成ホームズインタビュー
  • 株式会社MDIインタビュー
  • スカイコート株式会社インタビュー
  • 株式会社セレコーポレーションインタビュー
  • 土地活用に関する用語集