アパート経営の基礎知識

サラリーマンオーナーのアパート経営

老後の収入源としてアパート経営を始めるサラリーマンが増えています。
ここではアパートオーナーになるための資金の準備や事業計画などについて説明します。
メリット・デメリットを理解し、安定したアパート経営をする方法を考えます。

img-197-1

ゆとりある老後のために

不況や企業の経営不振などで、かつては定年まで安定して働くことができたサラリーマンでも、現代ではいつ職を失うかわからないといった不安を抱えるようになってきました。また、年金だけでは心配だという考えから、老後の収入源としてアパート経営を始めるサラリーマンオーナーも増えてきています。アパート経営のメリットは、安定した収入が見込めることです。入居者が決まれば退去まで平均2年の安定収入が見込めます。また、地価の上昇に合わせて物件の売却も可能です。経営に関わることができるので、空き部屋があれば家賃を下げる、更新料を無料にする、リフォームするなどの選択ができ、空き部屋を出さない工夫をすれば収入がなくなることはありません。サラリーマンオーナーになることは、安心して暮らせる老後への道筋となります。

自己資金の準備

では、サラリーマンオーナーになるために必要なことは何でしょうか。最も大切なことは、自己資金の準備です。アパート経営を始めるには多額の資金が必要になります。サラリーマンとして働きながらこの資金を調達することは決して楽なことではありません。そのような場合にはアパート経営に特化したローンの利用をおすすめします。アパート経営に特化したローンは、不動産を担保とするため自己資金が少ない場合でも低金利で経営資金を借りることが出来ます。例えば、自己資金が500万円以下であっても低金利での融資が可能です。ローンの支払いは毎月の家賃収入から支払われます。毎月一定の家賃収入があれば、ローンを無理なく返済可能で、差し引いた金額がオーナーの収入になります。普通の生活をしているサラリーマンでも、アパート経営は不可能ではないのです。

無理のない事業計画

サラリーマンオーナーとして心がけることは、無理のない事業計画です。空き部屋が長引くと賃料が得られず収入がなくなる、という基本的なことを十分認識することが大切です。たとえ順調に貸し出したとしても、借主が家賃を滞納する可能性もなくはありません。また、物件が火災や地震で損壊してしまうこともあります。その場合は修繕費をオーナーが捻出しなければなりません。サラリーマンオーナーになるにあたって重要なことは、こういった問題が発生した場合でも無理なく対処できるよう、事業計画を立てることです。アパート経営はメリットが大きい反面、デメリットやリスクも含んでいることを認識することが大切です。しっかりとした事業計画は、安定した収入へ繋がります。安定した老後のためには、始めが肝心です。

  • 次へ
  • 次へ
  • もどる
  • 結果を見る
  • もどる

アパート経営特集

協力企業インタビュー

  • 東京セキスイハイムインタビュー
  • 大東建託インタビュー
  • 旭化成ホームズインタビュー
  • 株式会社MDIインタビュー
  • スカイコート株式会社インタビュー
  • 株式会社セレコーポレーションインタビュー
  • 土地活用に関する用語集