アパートを建築するにはをお考えなら

アパートを建築するには手法などノウハウをご紹介

土地の取得を含めて住宅ローンを利用する自己資金を抑えたプランや、空室リスクがなく、安定した収入が期待できる家賃保証プランなどをご紹介しています。

アパート建築特集

アパート建築の基礎知識

アパート経営をお考えなら、まずどのようなアパートを建てるかを検討します。
ここではアパート建築をする前にどのような物件を建てるかなど抑えるべきポイントを解説します。

img-175

アパート建築とは

img-108-1アパートを建築すると聞くと、適度な土地の広さが必要で建物は大体2階建てで……と、なんとなくイメージがつきますね。しかし「じゃあアパートって具体的にどういう建物を指すのか」「アパートを建築するといっても、どれぐらいの土地がなければいけないのか」など、疑問が出てきます。
アパートを建築するにあたって、まずはアパートの定義を知ってみましょう。

アパートとは、低層階の建物を主とし木造、もしくは軽量鉄骨造で作られた建物のことです。マンションのようにエレベーターや管理人を配置していないので管理費は安く押えられています。また建築費もマンションと比べて安めですね。ただし、はっきりとマンションとアパートの区別があるわけではないようです。どちらかはっきりしないような建物の場合、不動産会社は広告を出す時に「これはマンションかな」「こっちはアパートに見える。よし、アパートで広告を出そう」など、案外不動産会社の裁量にもよるようです。
最近ではアパートといっても、デザイン性の高いお洒落な建物やエアコンが入っている部屋、隣室の音が響きにくいように工夫されているアパートなど、市場のニーズに合わせたアパート建築することが増えています。

アパート建築って何をすればいいの?

アパート経営するためにアパートを建築しよう。でも建築するといってもどうすればいいのかわからない……。
そんな方も沢山いらっしゃるのではないでしょうか。アパート建築と一口に言っても最初はどういった建物を建てようか。法律はどう絡んでくるのか。税金は? 入居者募集はどうすればいい? など様々な不安があるかと思います。まずは自分の頭の中で建築プランをたててみましょう。イメージすることはとても重要な事です。アパートの向きや立地条件、外装や設備などによって入居者の増減が決まってきます。最初にイメージを思い浮かべ、自分なりの建築プランをたててみましょう。

まとめ

img-108-2さあ、イメージもつきました。実際アパートを建築しよう! と思い立った時、あなたはまずどこから始めますか?
誰かに相談する。アパート建築や経営に関する本を買う。近所の工務店に相談する……等々、手段は様々かもしれません。「人に相談するのもなあ」「本を買ったけどいまいちわからない」そんな時に役立つのが「賃貸経営プランを探す!」です。
こちらでは、自分の所有する土地、もしくはこれから所有しアパートを建築する地域によって気になる企業を選択することができ一括で資料請求ができるので、まずはここから始めてみてはいかがでしょうか。

  • 次へ
  • 次へ
  • もどる
  • 結果を見る
  • もどる