賃貸経営ナビゲーションで賃貸経営を始める!

賃貸住宅の経営をお考えの方へ基礎知識や優良企業のプランをご紹介

土地の取得を含めて住宅ローンを利用する自己資金を抑えたプランや、空室リスクがなく、安定した収入が期待できる家賃保証プランなどをご紹介しています。

土地活用お役立ちコンテンツの紹介

アパート経営
アパート経営とは、アパートを所有している者が各部屋に入居者を募集し、入居者から毎月の家賃を支払って頂くことで収入を得る経営のことです。いわば、自分が持っている空間を人に貸す事業と思って頂ければいいでしょう。
アパート経営について
マンション経営
マンション経営なんて聞くと、1棟以上のマンションを所有している人が、本業で経営しているような想像をしてしまいます。しかし、実はマンション経営は思ったよりやっている方が多いことをご存じでしょうか?
マンション経営について
戸建て賃貸
戸建経営とは、一軒家を購入しそれを人に貸すことで収入を得る不動産投資です。アパートやマンション経営と違うのは、一軒家はアパートやマンションほど立地条件を選ばない、狭小面積の土地や変形した土地でも建築ができることです。
戸建て賃貸について
賃貸併用
アパート経営とは、アパートを所有している者が各部屋に入居者を募集し、入居者から毎月の家賃を支払って頂くことで収入を得る経営のことです。いわば、自分が持っている空間を人に貸す事業と思って頂ければいいでしょう。
賃貸併用住宅について

賃貸経営お役立ちコンテンツの紹介

リロケーション

転勤や住み替えでアパートマンションを貸す。

リロケーション

管理会社

お手持ちの賃貸住宅管理会社を探す

管理会社

アパートローン

賃貸住宅のローン、アパートローンを調べる。

アパートローン

賃貸経営とは

賃貸経営を始める前に賃貸経営をチェック

賃貸経営とは

アパート経営

収益物件の種類と特徴

アパート経営

賃貸経営事例

今まで施工してきた。一部をご紹介します。

賃貸経営事例
ライター募集! 一緒に賃貸経営ナビゲーションを盛り上げませんか?
賃貸経営ナビゲーションでは賃貸経営、アパート・マンション経営等の記事を書いていただけるライターを募集しています。【応募はコチラ

賃貸経営特集

賃貸経営の基礎知識

不動産投資には、アパート経営というものがあります。アパート経営とマンション経営というと、似たような不動産投資と認識されている方も多いのではないでしょうか。

img-7

希望に合ったプランを選ぼう

自己資金はあまりないけれど、賃貸経営を始めたい方にお勧めのプランとはどういったものでしょうか。

img-119

賃貸経営の準備

賃貸経営の情報を集めるにはどのようなやり方をすれば良いのか。
また何から始めれば良いのか。

img-17

お役立ち情報

賃貸経営成功のポイントは、継続して高い入居率を出すことができるかどうかに懸かっています。物件が入居者にとって魅力的であること、地域にマッチしていることが重要です。

img-23

相続税改定特集

賃貸経営を始めようと思っている方は既に知っているかもしれませんが、平成27年から相続税が大幅に増税されました。

img-117

不動産投資特集

不動産投資で失敗しないために、投資物件を見極めたり、リスクを知っておくことが重要です。これらを理解して賃貸経営や不動産投資を成功に導く方法を考えます。

img-176

不動産相続

不動産相続の基礎知識をまとめました。相続の仕組みを理解して賃貸経営や不動産相続をスムーズに行う方法を解説します。

img-191

納税の話

納税の基礎知識をまとめました。納税の仕組みを理解して賃貸経営の納税や青色申告などを解説します。

img-208

はじめて賃貸住宅の経営をお考えの方

土地の取得を含めて住宅ローンを利用する自己資金を抑えたプランや、空室リスクがなく、安定した収入が期待できる家賃保証プランなどをご紹介しています。

土地の大きさや条件に合ったプランは賃貸経営ナビゲーションの姉妹サイト「イエカレ」より無料で複数業者に一括問い合わせできます。企業によって得意なプランが異なりますのでぜひ利用して最適なプランを検討してみてください。

賃貸経営をするメリットについて紹介いたします。

節税効果を期待できます。

賃貸経営することでいろいろな、税金対策を実施できます。
(1)相続税は、金融資産と比べると約40%、(2)固定資産税は約6分の1、(3)確定申告で、所得税や住民税にも節税効果があります。
また、ローンに銀行の指定する 「団体信用生命保険」が組み込まれています。
ご自身に万が一のことがあった場合、賃貸住宅は、残された家族の財産として、月々の家賃が実収入として入ります。
節税効果は建築予定地などによって異なるため、事前に不動産会社や税理士などに確認する必要がありますので注意してください。

自己資金少なくスタートが可能!

賃貸経営は自己資金が少なく始めることが可能です。
土地が無くても、手持ち資金が少なくても、ある程度の年収がある方ならアパートローンが組めます。
入居状況次第ですが、ローンの大半を家賃収入で返済することができるので、他人の資本で自己資産を形成することにもなります。

長期にわたり安定収入を見込める

賃貸物件を営む場合、入居している部屋の分の収入しか入らないため、空き物件が多い・家賃滞納などが多いと収入が見込めません。
不動産管理会社に管理も申し込めば一括管理してくれるため、知識がなくとも賃貸物件を建てる事ができるので安心です。
最大のリスクは空室ですが、不動産管理会社によっては、空室があっても空室分も保証され、家賃収入(賃料の80% - 90%程度)を得ることができる契約などがございます。
詳しくは管理会社のページをご確認ください。

年金として、定年後も毎月の家賃収入で生活をする。

賃料収入は入居者がいる限り、収入を得ることができます。たとえ定年や会社を退職しても、経営している部件に入居者がいれば家賃を毎月収入としてを得ることができます。
また、ローンが完済後であれば、管理費用を除いた、家賃収入を得ます。
入居率が安定させ、長期にわたり安定収入が見込み、ゆとりのある老後の備えの一つにしましょう。

残される家族に相続を

ローンに銀行の指定する 「団体信用生命保険」が組み込まれています。
万一のことがあった場合、賃貸住宅は、残された家族の財産として、月々の家賃が実収入として入ります。
先に述べたように金融資産と比べると約40%の減額となるため、ご家族の財産にすることが可能です。
途中でお子様などに賃貸することなども可能です。

  • 次へ
  • 次へ
  • もどる
  • 結果を見る
  • もどる

協力企業インタビュー

  • 東京セキスイハイムインタビュー
  • 大東建託インタビュー
  • 旭化成ホームズインタビュー
  • 株式会社MDIインタビュー
  • スカイコート株式会社インタビュー
  • 株式会社セレコーポレーションインタビュー
  • 土地活用に関する用語集