お役立ち情報

入居者募集の重要ポイント

賃貸経営の最大のリスクは空室です。
ここでは空室リスクに備えて、賃貸管理会社を利用して入居者募集をする際のポイントをまとめました。
安定した賃貸経営を行うためには良い賃貸管理会社を選びましょう。

img-213-1

できる賃貸管理会社を見抜く

所有している土地を活用する方法の一つに賃貸経営があります。土地に賃貸アパートや賃貸マンションを建設し、入居者を募集して家賃収入を得るという方法です。このような方法を不動産投資と呼んでおり、家賃という安定した収入が見込める投資になっています。ただ建築した賃貸マンションに入居者が入らないと、家賃収入を安定的に得ることができなくなります。そのような失敗を防ぐためにも賃貸管理会社選びが重要になってきます。賃貸管理会社はいくつもあるので、実績や評判等を参考にしながら選ぶといいでしょう。賃貸管理会社の良し悪しを見抜く方法としては、実際に管理している賃貸物件の様子を見に行くことをおすすめします。長い間空室の看板が出ていたり清掃が行き届いていないようでは、良い管理会社とは言えないでしょう。

賃貸管理会社の選び方

莫大なお金を使って始める不動産投資ですから、必ず成功させたいですね。同じ賃貸物件でも賃貸管理会社が違うだけで入居者の募集状況が変わりますし、人気物件になるかならないかも違ってきます。継続的に人気を保つためにも管理会社選びが重要になってきます。特に気を付けたいポイントとしては、管理会社に払う管理委託料があります。管理委託料は賃貸物件のオーナーが毎月管理会社に支払うお金です。一般的には家賃に対するパーセンテージで決まりますが、管理料が高ければ高いほど家賃収入が減ってしまうことになるので、複数の会社を比較しながら選ぶことをおすすめします。また管理会社の社風や従業員のやる気をチェックするというのも有効な方法です。会社全体が活気に満ちていて、やる気のある従業員が揃っていれば安心して任せることができます。

トラブル・クレーム対応能力

賃貸アパートや賃貸マンションを管理していると、様々なトラブルやクレームが入ります。隣人同士の騒音トラブルもありますし、ゴミ出しに関することや駐車場、駐輪場でのトラブルも発生します。共用スペースは全ての入居者が立ち入れる場所ですから、トラブルが頻繁に発生する物件もあります。例えば共用スペースに個人的な荷物や自転車等を置いている人もいます。アパートやマンションのような集合住宅では多くの人が暮らしているので、思いがけないようなトラブルが発生することもあるのです。賃貸管理会社では様々なクレームに対応しなければならないため、高い能力を必要とします。設立して間もない管理会社は実績が少ないため、対応能力に関して調べることは難しいでしょう。反対に実績を積んでいて多くの物件を管理している会社なら安心して選べます。

  • 次へ
  • 次へ
  • もどる
  • 結果を見る
  • もどる