お役立ち情報

家族世帯が好む物件の特徴

家族世帯が好む物件とはどのようなものでしょうか?
ファミリー向けの賃貸物件では周辺環境や立地が重要になってきます。
ここでは家族世帯が好む賃貸物件の特徴をまとめました。

img-215-1

周辺の教育施設

不動産を賃貸に出す際には、その物件が一戸建てなどの場合は、一人暮らしの人よりも、大勢で住む家族世帯がメインの借主となることも少なくありません。
そのため、小学校や中学校が近い場合には、借り手がすぐに見つかることもあります。
やはり、防犯などの関係から、少しでも学校に近いほうが、親としては子どもが安心ですので、新しく家を探している場合には、周辺地域の治安や利便性から、家を借りる家族も多いようです。
また、家族で住む場合には、学校などが近いことも大事ですが、生活がありますので、病院やスーパー、コンビニエンスストアなどの施設が家に近いと、より借り手がつきやすくなります。
そのため、物件を購入して、賃貸にして、家賃収入を得たい場合には、周辺地域なども確認しておくことが大事です。

閑静で落ち着いた住宅地

賃貸物件には、その他にも、近隣の住民がどのような人なのかも、大きな問題となります。
例えば、隣に住んでいる人が、やや面倒なタイプの人だった場合には、あれこれクレームをつけられることもあり、せっかく家を借りてもらっても、すぐに出ていってしまう恐れもあります。
そのため、家を賃貸目的で購入する場合には、周辺地域のリサーチも必要です。
例を挙げるならば、不動産会社によっては、どのような土地で以前の住民はどのような人が住んでいたか、詳しく教えてもらえる場合もあります。
それに、閑静で静かな住宅街だと、人気も高いため、中古物件などで販売すると、すぐに買い手がつくケースも少なくありません。
このようなことから、賃貸にも良い閑静な住宅街の家を購入するならば、個人で判断するよりも、不動産会社に相談してみるのも良いかと思います。

日常の買い物に便利な場所

家を購入する際には、やはり便利なことも重要となります。
いくら家が広くて、格安だったとしても、スーパーなどの日常的に利用する施設がかなり遠い場合、家を売る際にも、それがハンデとなり、販売価格も低くなる可能性もあります。
また、家を賃貸に出す時には、利便性が悪いとなると、なかなか借り手がつかないことも少なくありません。
しかし、中には、静かに暮らしたいと考える人もいて、そのような人には、街の賑やかさよりも、のんびりとした田舎暮らしを希望する人もいます。
けれど、このような人は稀ですので、やはり家を購入して、人に貸し出す場合には、出来るだけ交通手段も良く、日常的な買い物などに困らないような環境が第一となります。
さらに電車などのアクセス条件が良いと、ワンルームなどでも、かなりの高額の家賃で家を貸し出しているところもあります。

  • 次へ
  • 次へ
  • もどる
  • 結果を見る
  • もどる