お役立ち情報

賃貸経営のメリットは?

長期間の安定収入を期待できる賃貸経営。ここでは様々なメリットを紹介しています。

img-28-1

安定した収入が確保でき、長期資産運用に最適です

アパート、マンション経営は、健全な経営ができれば、家賃収入により毎月安定した収入を得ることができつことが魅力です。
また、公的年金に対する不安から、「私的年金」として老後の資金源を目的に、賃貸経営をしている方も多くいます。
株や投資信託などと比較して、景気や季節・物価などによる影響も少なく、長期間安定した利回りが期待できることから、賃貸経営を選択される方が多いようです。
最近では副収入を目的として、元々土地をお持ちではない30代・40代の方々が、賃貸アパートのオーナーとして、副業で経営をされることが多くなりました。

土地・建物を資産として残すことができます

アパート・マンションの土地をローンで物件を購入した場合も、完済後は土地・建物が資産として残ります。
ローンの返済を賃貸収入で全て賄うことができれば、元手をかけずに土地が手元に残るため、効果的な資産形成が可能です。
手元に残った土地は、アパート・マンションを建て替えて賃貸経営を継続したり、売却して収益を得ることもできます。子供・孫の世代に不動産を残すためにも、賃貸経営は最適と言えます。

土地をお持ちの方には、効果的な節税対策となります。相続税対策にも最適です

賃貸住宅を経営することにより、遊休地として保有しておくよりも固定資産税で80%・相続税で40%の優遇が受けられますので、大変効果的に節税することができます。
遊休地の利用方法として、駐車場経営をしたり売却したり、という選択肢もありますが、駐車場経営はそれほど収益が見込めず、売却した場合は多額の所得税が発生するなどのデメリットがあります。

  • 次へ
  • 次へ
  • もどる
  • 結果を見る
  • もどる