賃貸経営の基礎知識

アパート,マンション経営の失敗リスクについて

アパート経営、マンション経営にはどんなリスクがあるのでしょうか?
ここではよくあるリスクとその対策を紹介します。

img-10-1

アパート経営では、人的要因、建物管理、アパートローン返済、災害等のデメリットとリスクがあります。
その中でも、入居者のリスクは様々なパターンがあり柔軟な対応が必要となります。
入居者とのトラブルの代表例としては、家賃の遅延や滞納、騒音やゴミによる迷惑行為、契約禁止の行為などがあげられます。
これらの対応策として、保証人や保証会社をたてることや、入居者の審査の基準をあげることなどがあります。
しかし、審査を厳しくすることによってアパートに入居がないと、利益もなくなってしまうので審査の基準は空室になるリスクとのバランスが大切です。

また、建物管理に関して言えば、アパートの清掃やメンテナンスなどの手間があります。
これらはアパート管理会社に委託することも出来るので、アパートの大きさや都合によって選ぶと良いでしょう。
また、何らかの理由でアパートを売却する時、不動産は価格の変動があるので希望の売値で売れないケースもあります。
さらに、多くの人がアパートローンによる融資を受けるので、返済の金利もリスクのひとつと言えるでしょう。
アパートローンごとに、固定金利型または、長期の固定期間の設定や利用分を出来るだけ少なくするなどの方法があるので自分にあったプランを選びましょう。
さらに近年では、災害によるリスクも避けられません。
もちろん、災害保険制度はありますが、全てが保証されるわけではありません。多くの保険会社では地震による災害を除いている場合が多いので、地震保険も必ず加入するようにしましょう。

  • 次へ
  • 次へ
  • もどる
  • 結果を見る
  • もどる