賃貸経営の基礎知識

収益物件の種類と特徴

ここでは収益物件の種類について説明しています。
それぞれの特徴を理解し、資金や条件によって自分に合った賃貸経営の方法を考えます。

img-12-1

アパートの収益物件は大きく分けてアパートの「一棟売りの物件」と「区分所有の物件」に分類することができます。
「一棟売りの物件」の場合は、土地に元々アパートが建っている物件や、選んだ土地にアパートを建てる方法があります。
土地に元々アパートが建っている場合は、新築か中古かによっても対応が違ってきます。
新築の場合は、入居者も集まりやすく、維持費もあまりかかりませんが、入居者を集める手間が増えるかもしれません。
中古の場合は、既にそのアパートに住人が住んでいることが多いので、入居者を集める手間が緩和されます。
また、値段の安さも魅力ですが、中古なので建物のメンテナンスや入居者の収集は新築より難しいかもしれません。
多くの場合は、土地と建物がセットになっていることがほとんどですが、土地を自分で選び業者に頼んでアパートを建てて経営することもできます。
この場合は、アパートを建てる費用が非常に高くなりますが、自分の理想のアパートを建てることが出来ます。
区分所有物件の場合は、マンション一戸などがこれにあたります。権利上は土地もセットになっていますが、他の区分所有者と土地を分ける形になるので自分の土地というのは少なくなります。
また、最終的には土地も自分のものにはなりませんが、一棟管理より大幅に少ない費用で経営出来ることが特徴です。

  • 次へ
  • 次へ
  • もどる
  • 結果を見る
  • もどる