賃貸経営を考えているエリアを詳しく知ろう!

神奈川県の賃貸経営事情

神奈川県の市場調査・入居者希望調査にもとづく賃貸経営の考察。神奈川で行う戸建て賃貸について解説していきます。

神奈川の賃貸経営・アパート経営事情

img-49-1 土地活用するには、計画地周辺の市場調査・入居希望者の調査などを エリアごとに分析して、そこの土地はアパート経営とした方が良いのか、それともマンション経営なのかもしくは賃貸併用住宅のように戸建として利用するのがよいのかを考察することから始まりますよね。
その結果により、オーナー様の条件に合う企画や設計をするのが良いと思われます。
オーナー様個人での分析や調査では、心配なことが出てくるのではないでしょうか。
やはり安定した経営をするためにも、個人では困難な調査もでき、賃貸需要が見込めることを判断できる専門家の知識が必要になってくるのではないでしょうか。
神奈川県は、東海道新幹線が貫通していたり、総武線、横須賀線、京浜急行、東急線、小田急線、京王線など東京都内でに出るのに便利な交通網になっており非常に恵まれた地域にと言えるのではないでしょうか。
また、県の中心地の横浜市や東京都内に隣接した川崎などは仕事や通学するのに便利であり、人口が集まっているためアパート経営やマンション経営をするのに適性がある地域ではないでしょうか。
神奈川県のホームページの調べより人口数、世帯数が多い地域は横浜市が一番です。続いて多い地域が川﨑市になっています。
世帯数が多いということは、単身世帯用物件の需要高くなると言えるのかもしれません。
神奈川県は、他にも魅力的な独特な土地があるといえます。
地理の特性を活かしたリゾートのような住宅背景のある茅ヶ崎市や藤沢市などの湘南エリアや葉山、逗子エリア、観光地である鎌倉エリア、これらの土地では賃貸併用住宅や戸建賃貸などの経営に良いのかもしれません。
神奈川県というのは地域によって入居者のニーズがだいぶ変わってくる地域と言えるのではないでしょうか。
やはり、アドバイスをしてくれる土地に詳しい信頼できるパートナーが必要になってくると思われます。
それに、投資や事業という行為には、メリットだけでなくデメリットも必ず伴います。メリットばかりでなく、将来のリスクを含めたデメリットの面も、しっかりと教えてくれて、総合的なアドバイスをくれるパートナーを探しましょう。

戸建賃貸

上記で説明しました戸建賃貸について説明していきたいと思います。
神奈川県にはリゾートのような地域がありますよね。土地の特色上、戸建賃貸に向いている地域があると言えるのではないでしょうか。
それに、戸建賃貸はマンションやアパートの賃貸よりも大手不動産サイトで、一戸建て賃貸の入居募集総数を調べたところあきらかに少ないのです。
供給量が少ない戸建賃貸を注目してみるのも良いのではないでしょうか。
まず戸建賃貸のメリットを説明します。

(1)供給の不足で需要が多いことや一戸建ての良さ

アパートやマンションは、集合住宅のため通風、採光、生活騒音トラプルなどに不満が出てきやすく、入居者の入れ替わりが頻繁ではないでしょうか。
例えば、一戸建てならではの利点や楽しみがあります。
子供が走り回っても苦情が来ない。隣りも気にせず、大音量で映画や音楽を楽しめる。ペットを飼う。敷地内に車を止めることができる。庭でガーデニングが楽しめる。賃貸でも持ち家感覚で住める。などです。
供給量が少ないため入居率が高くなり、長期間住み続ける場合が多いのではないでしょうか。
そうなると賃貸収入も安定してきます。

(2)投資額が少なく、早期回収が可能に

土地活用はアパート経営やマンション経営などで、大きく開発するだけが能ではありません。
初期投資額が少なく、高い賃貸収入が設定できることがその理由です。
小さく建て、大きな運用効果を得られるのが戸建賃貸の魅力ではないのでしょうか。
どのくらいの建築費用で抑えられるか、多くの会社から見積もりをしてもらい、相場な建築費用を知ると同時に、費用を抑えた建築ができるように信頼できるパートナーを見つけることが良いと言えるのではないでしょうか。

(3)変形地や狭小地でも経営できる

通常、アパート建築やマンション建築をする場合、20坪や30坪くらいの小さい土地で良い建築物はできません。
戸建賃貸なら狭小地でも建築が可能です。
また変形している土地にアパート建築やマンション建築を計画すると、無駄なスペースが多くなってしまうのではないでしょうか。
戸建建築なら効率よく配置が可能になるのではないでしょうか。
以上が代表的なメリットになります。
もちろんデメリットも必ずあります。
例えば空室率が0%か100%、土地を持ってないと利回りが低くなる、などです。
まずはどのくらいの費用がかかるのか、オーナー様の条件に投資になるのか専門業者に相談してみるのが良いでしょう。
パートナーを探しましょう。

まとめ

神奈川県の人口は、国勢調査のしらべで東京都に次ぐ全国第二位の位置を占めています。
人口50万人以上の政令指定都市は、従来までの横浜市・川崎市に加え、近年相模原市も仲間入りしました。
それだけ入居者の需要もあるということになるのではないのでしょうか。
また、そのエリアによって、かなり特色が分かれています。
例えば、横浜市や川崎市は大都市と言えます。
県央エリアはベットタウンです。
県西部エリアは代表的な観光地箱根もあります。
湘南エリアはリゾートのような住宅背景になっています。
それぞれの地域の入居者のニーズもだいぶ異なってくるのではないかと思います。
アパート経営なのかマンション経営なのか、または賃貸併用住宅を含めた戸建賃貸の経営なのか。
地域によっての最善の土地活用の方法を考える必要があります。
現在、土地を所有していない方は、どのような方法で事業をしていきたいのかで探す土地が変わってきます。
個人で優良物件を探すのはむずかしいのではないでしょうか。
また土地からの購入ですので、建築することも考えると多額の初期費用がかかってくる場合もあるのではないでしょうか。
土地と住宅の契約というのは別々になりますので、ローンも別々となるそうです。ですが、すぐに住宅の建築する場合には土地と建物のローンの計画ができるため、有利な資金計画ができるようです。
また、一定の条件を満たせば、公庫の住宅融資と併せて土地融資を受けることもできるようです。
しかし、土地だけ買っておいて、将来活用したいという方もいると思います。
土地の売買契約から一般的に3ヶ月の間に売主や売主の指定した建築会社に建築の発注をしなければいけない建築条件付きの土地以外は、自分のペースで建築していくということも出来ます。
その土地に詳しい専門業者に相談すれば、ニーズに合った土地または物件、収支計画を提案してくれすはずです。
また、土地を所有している方は、どのような土地なのか。
狭小地、変形地なのかまたはどのような住宅需要が多い地域なのか。
市街化調整区域という基本的に新築の建築物が建てられない土地もあります。
ただ、土地を持っているだけでは税金という一定の維持費がかかってきます。
少しでも維持費の負担を少なくし、土地を有効に維持をしていく手段こそが、土地活用になるのではないでしょうか。
まずは、適切なアドバイスをくれる専門業者を探すべきではないのでしょうか。
メリットや将来のリスクを含めたデメリットもしっかり説明してくれて、建物が完成した後の管理体制も長期に渡りサポートしてくれる信頼できるパートナーを見つけてみませんか。

  • 次へ
  • 次へ
  • もどる
  • 結果を見る
  • もどる

協力企業インタビュー

  • 東京セキスイハイムインタビュー
  • 大東建託インタビュー
  • 旭化成ホームズインタビュー
  • 株式会社MDIインタビュー
  • スカイコート株式会社インタビュー
  • 株式会社セレコーポレーションインタビュー
  • 土地活用に関する用語集