賃貸経営を考えているエリアを詳しく知ろう!

大阪府の賃貸経営事情

全国で3番目に人口の多い大阪で土地活用をするには?大阪での土地活用・アパートマンション経営事情について解説していきます。

大阪の土地活用・アパートマンション経営事情

img-62-1 大阪の人口は「東京」「神奈川」に次いでの全国で3番目に多い地域となっており、関西地方では最も人口の多い地域です。その中でも大阪市と堺市に人口が集中しており特に、大阪市いうのは関西地方の行政や経済の中心地でもあり、商業施設が立ち並び、地下鉄やJR、阪急、阪神、近鉄、京阪、南海などの各鉄道が整備されています。
人口も集まり賃貸マンション、賃貸アパートの数も府内トップといええるのではないでしょうか。
大阪市の特徴として人口増加に対して世帯数が多く増えてきています。(国勢調査結果より)
それは、単身世帯数が増加していることを表しています。そうなると単身世帯用の物件の需要が高くなるといえます。
例えば、北区や中央区周辺は梅田や新大阪にも近く利便性の高いことから一人暮らしをする社会人や学生さん、単身赴任の人にも高い人気がある地域と言え、西区や福島区は治安が良くおしゃれな女性向けの一人暮らし物件に適しているといえるのではないでしょうか。
一人暮らしの方は利便性を求めるため、最寄駅までの近い立地の物件だったり、住宅周辺にコンビニエンスストアやレストランなどがありなど、生活しやすい環境を求める傾向がありますよね。
土地活用やアパート経営をする場所の立地環境やニーズに合わせた住宅を建築したほうが空室のリスクが減少していくのではないでしょうか。
上記のことから大阪市など戸建賃貸経営よりもアパート経営やマンション経営が向いている地域だとは思われます。

アパート経営とマンション経営の違い

アパート経営とマンション経営の違いは他の記事でも確認してもらえますが、ひとえに建物の構造が異なります。
・マンション経営の特徴
建物の価格が高い。家賃や管理費が高い。メンテナンス周期が長い。アパートより長期間賃貸になりやすい。などが挙げられます。
・アパート経営での特徴
購入価格が安い。家賃が安い。管理が簡単にできる。修繕費がマンションよりかかる。減価償却期間が短い。建て替えがマンションに比べて簡単にできる。といったところでしょうか。
大事なのは、それぞれの条件に合わせた物件を紹介できることだと思われます。
賃貸経営・アパートマンション経営というのは、まずは地域情報に詳しい専門家を探すことから始めるのが良い方法だと思います。
そしてその地域の特徴やターゲットに合わせて、マンション経営が良いのか、それともアパート経営がよいのかまずは資金面の相談も含めて、専門家に相談してみるのがよいでしょう。

賃貸併用住宅という方法も

大阪府の高齢者の人口に注目してみましょう。
国勢調査から大阪府全体で、65歳以上を超える人口が190万人以上になっています。
日本全体はもちろん、大阪府では年々、高齢者の人口が増え続けており、高齢化率も上がっています。
理由としては、出生率の低下による少子化の進行で、若年人口が減少しているということ。平均寿命の上昇傾向といったところでしょうか。
数字から見ると高齢社会に向けた取り組みというのは、今後、極めて高い課題になってくるといえます。
そのことから、土地活用・賃貸経営の一つである賃貸併用住宅という方法に注目してみるのもおもしろいと思います。
一戸建てという理想の住まいを実現でき、住宅の一階部分を高齢者向けの住宅、またはデイサービスなどの介護施設として貸し出す方法があげられます。
高齢者の人口が増加していく中で、介護事業者も増え需要が高くなるので、賃貸併用住宅にすると賃料からの収益を住宅ローンに充てられていくことになります。
また住宅ローン完済後は家賃が収入になり、老後のゆとりの資金となることが可能ですよね。
ここで、賃貸併用住宅について簡単に説明していきましょう。
一般的な不動産投資はアパートローンを組んでおこないますが、金利が高いのが特徴です。
賃貸併用住宅にすると低金利の住宅ローンが使えてローンリスクを低くすることができます。
それに、家賃収入が入りますから住宅ローンを軽減することができますよね。
もし、住宅ローンのほとんどを家賃収入で補うことができれば、暮らしに余裕が生まれます。
しかし、家賃収入の想定を誤ると返済が厳しくなるというリスクもあります。
そこで重要になってくるのが「事業収支計画」などを事前に相談することが必要になってきます。
そして、もう一つの大きなリスクとして、空室リスクというものがあります。
空室リスクをなくすためにも、事前に高い入居率を維持するために、その土地やニーズに詳しい専門家の知識が必要となってくるのではないのでしょうか。
上記で説明した高齢者向きの住宅や介護施設にするのには、特に高齢化の進んでいる地域などを専門家に相談することが安心ですよね。
介護事業者が借りやすい立地条件などもあるはずです。
まずは、その地域属性とあなたの目的に応じた建築プランを知るためにも、事前に複数の企業へ問合せして比較、検討することにより、自分に合ったパートナーを見つけてみるのがよいでしょう。

まとめ

アパート経営やマンション経営。そして一戸建ての賃貸経営、賃貸併用住宅での経営、駐車場経営など土地活用の方法はたくさんあります。
例えば、その土地の広さや形状、周りの環境などで活用方法も違います。
土地活用とは、そもそもどういったメリットがあるのか。

1.税務対策になる。

土地は所有していると、必ず維持費がかかります。それは税金です。
ただ持っているだけでは勿体無いとは思いませんか。
代表的な税金で固定資産税、都市計画税、相続税などがあり、土地を活用することによって、税金の負担を軽くすることができるようです。

2.賃料が収入になる。

家賃収入は土地活用で一番に求めることだと思います。
最初にしっかり事業計画を立てておけば、長期に渡り安定した家賃収入を見込むことができ、安定した家賃収入にしていくためには、空室リスクを避けなければなりません。
そのためには、入居者の年齢層を絞る、女性向きにするかなど、ターゲットを決めるなど、ターゲットを定めることによって、住居者のニーズにあったアパート建築や賃貸経営ができると思いませんか。
ターゲットを決めるにも、その土地の確かな情報収集が必要といえ、確かな情報によって、ターゲットを定め、事業計画を綿密に立てる。着実にその事業計画を運用していければ、有効な資産運用方法として期待がもてます。
そこで成功するアパート経営・賃貸経営を実現するためには、パートナー選びがとても重要なことになってくるでしょう。
賃貸経営を全体的にサポートするノウハウや数多くの土地活用やアパート経営の経験を兼ね備えた企業の力というのは、必要不可欠になります。
まずは、そういった企業を比較・検討して自分に合ったパートナーを見つけましょう。
大阪で土地活用・アパート経営を成功させるには地域によった特色を知り、ターゲットを定める戦略をたてることができ、土地活用に最適なエリアといえるでしょう。

  • 次へ
  • 次へ
  • もどる
  • 結果を見る
  • もどる

協力企業インタビュー

  • 東京セキスイハイムインタビュー
  • 大東建託インタビュー
  • 旭化成ホームズインタビュー
  • 株式会社MDIインタビュー
  • スカイコート株式会社インタビュー
  • 株式会社セレコーポレーションインタビュー
  • 土地活用に関する用語集