賃貸経営の準備

収支計画を立てよう

賃貸経営始める際には必ず収支計画を立てましょう。
アパートやマンションなどどれくらいの収益が得られるかを事前にシミュレーションすることで不動産投資の失敗リスクを減らします。

img-205-1

アパート経営の収支計画

現在では、資産運用の手段として不動産投資を行うことが一般的になっています。不動産投資のなかではアパート経営が大きな割合を占めており、不動産投資を行う人なら一度は考えたことがあるはずです。
しかし、アパート経営は部屋数が多いために経営が難しいのです。アパート経営を成功させるには、事前に収支計画を立てておくことが重要です。
これは、年間でどれだけの利益を得られるか、初期投資を回収できるのは何年後かといった将来にわたる収支をシミュレーションすることです。収支計画を立てることで、アパート経営を行うことによる出費や収入などを予測することが出来るのです。
収支計画では特に支出と収入のバランスを考えることが必要です。不動産投資を行う目的はほとんどの場合が利益を得ることなので、支出が収入を上回るようではアパート経営を行う意味がないのです。

アパート経営のおける利回り

アパート経営において収支計画を立てるときは、利回りを計算することが重要です。
不動産投資に利回りとは、物件の購入費用に対して得られる家賃収入の割合がどれほどかを示す指標となる数字で、年率で表されます。表面利回りと実質利回りという種類があり、アパート経営では実質利回りに注目します。
アパートなどの集合住宅では必ずと言って良いほど大規模修繕が必要になります。さらに、共用部分である廊下や駐輪場は定期的なメンテナンスが必要になるため、修繕積立金を計算する必要があるのです。そのため、単純に家賃収入を物件価格で割ることで算出する表面利回りでは、本当の利回りが計算できないのです。
アパート経営をするための物件を探したり、収支計画を立てる際には表面利回りではなく実質利回りを考慮するべきです。

定期的な見直し

収支計画を立てたとしても、定期的に見直さなければ経営が行き詰まってしまう可能性があります。
所有するアパートに関係する周囲の環境は常に変化します。コンビニやスーパーマーケットが閉店したり、新規開店するといったこともアパートの経営に影響が出ることが予想され、似たような規模のアパートが新築されるといったことがあれば、家賃の引き下げを検討しなければなりません。
こういった環境の変化によって収支のバランスが変わるため、常に環境の変化を取り入れた見直しを行う必要があるのです。
また、アパート経営を行う上で大きな支出となる大規模修繕の費用についても、消費税の増税や人件費の高騰といった事前に予測することが難しい事態によって修繕費用が増えてしまうことがあるため、当初の計画通りには進まないことが多いのです。

  • 次へ
  • 次へ
  • もどる
  • 結果を見る
  • もどる