賃貸経営の準備

賃貸経営の目的は何ですか?

賃貸経営を始めようと思っている方が考えなければならないのが、「賃貸経営の目的」です。
目的によっては物件の選択や資金の調達など方法が変わってきます。
ここでは賃貸経営の目的別に不動産投資の種類を紹介しています。

img-212-1

不動産投資の目的

賃貸で経営をするときに、最初にしっかり考えなければならないのが目的です。なぜかというと、目的が違えば所有すべき物件も異なりますし、ローンの組み方も異なってきます。積極的に資産を増やしていきたいと考えるのなら、多少のリスクを負ってでもローンの割合を高めていくことが必要となりますし、高い利回りの物件を取得することも必要となってくるでしょう。そうではなくて、資産を減らさないようにしようと考えているのなら、できるだけリスクを抑えた運用方法を選ぶべきです。ですから、ローンの割合を小さくするとともに、利回りを犠牲にして低リスクな物件を選ぶという戦略を考えるべきでしょう。物件の選び方にも影響してきますから、賃貸で利益を得ていこうと考えるのなら、最も最初に決めておかなければならないことなのです。

売却益から運用益の変化

かつて、不動産投資というと売却益を目的として投資するのが一般的でした。不動産の価格は上昇の一途をたどっていた時代があり、その時代にはかってしばらく保有しておけば高値で売ることができて、売却益を確保できた時代があったのです。しかし、バブルがはじけると、不動産価格は下落し、その後も小さい変動はありましたが、全体的に見れば価格の下落が続いてきたといえるでしょう。そのために売却益を得ることが難しくなってきたのです。現在では賃貸を経営する目的は、賃料収入などの運用益へと変化しつつあります。つまり、短期間で売却して高い利益を得るのではなくて、長期間にわたって運用を続けて利益を得ていくということが目的となりつつあるといえるでしょう。安定した賃料収入を得られるというメリットを生かして、徐々にスタイルが変わってきているのです。

3タイプの不動産投資

賃貸で経営をする目的は、大まかに見れば3つのタイプに分けられます。その一つが投資家タイプです。お金を増やす、あるいは守るために賃貸で経営をしていくわけですが、その際にお金だけ出してできるだけ何もしないというのが投資家タイプです。管理会社を積極的に使うなどして、できるだけ自分で行う作業を減らすことができます。2つ目は経営者タイプです。ローンの組み込みや経営効率の上昇など、金融や財務のテクニックを駆使して収益を上げていくタイプが経営者タイプです。専業で大きな利益を狙いたい人に適した方法です。3つ目は自力タイプです。日々の管理業務や入居者対応など、大家さんとしてするべきことをすべて自分で行っていくタイプです。時間があって不動産の管理を自分でできる人に適したタイプだといえるでしょう。

  • 次へ
  • 次へ
  • もどる
  • 結果を見る
  • もどる