納税の話

青色申告と白色申告の違い

事業を行うと確定申告を行うことになります。
申告の手続き方法として白色申告と青色申告がありますが、どのような違いがあるのでしょうか?
ここではそれぞれの特徴やメリット・デメリットを説明します。

img-208-1

確定申告の種類

事業を行う場合において、それが個人の場合でも法人の場合でも、確定申告を行います。

その場合に、最も原則的である申告手続きにあたるのが、白色申告です。
その一方である一定の要件を満たし、税務署長から承認を受けた場合にのみ、税制上の優遇を受けられる申告手続きが、青色申告となります。

その為、白色申告には手続き上の手間はかからないのに対し、青色申告は手続き上の手間がかかり、そのおかげで節税効果も得られると言えます。

一般的には、手続き上の手間はかかったとしても、節税効果が期待出来る青色申告をする事が多く、また手続き上の手間から、やはりもっと簡易な手続きで済む白色申告にしたいと考えた場合には、その後の申請において白色申告に変更する事も可能であり、申告者にとって両者は使い分けやすいものであるとも言えます。

青色申告

青色申告は、複式簿記方式により、日々の取引を帳簿へと記載し、それを基に所得を申請するといった制度です。税務署にて申請書類を提出して、そこで承認を受ける必要があります。

その為、必要経費として計上出来る科目数、金額の増加を始め、所得金額から控除出来る科目数、金額の増加が期待出来ます。

前述した帳簿付けにて複式簿記を行った場合には65万円、そして簡易簿記にて行った場合には10万円を、課税所得から差し引く事が可能となり、これらを青色申告特別控除と呼びます。

更に青色申告の場合には、確定申告にて損失申告する事で、その年の赤字を3年以内に発生する所得から差し引く事が可能になります。

その他にも、従業員に家族がいる場合には、その家族への給与分が全額必要経費として、更には30万円未満の減価償却資産においては一括経費として差し引かれるなど、節税効果が非常に高い精度であると言えます。

白色申告

白色申告の特徴としては、やはり青色申告と比較した場合に手続きが簡易であり、手間がかからない事であると言えます。

事業所得が20万円を超える場合には申請対象者となり、その申請にあたっては単式簿記が必要となります。

この単式簿記は、所謂小遣い帳や家計簿にあたるもので、比較的簡単に作成が可能です。その為、事業所得が少額な為、節税の必要などがない場合や、会計などの難しい事にあまり関心がないといった場合には、適している申告方法であると言えます。

またこの場合の課税方法ですが、推計課税で課税されます。
推計課税とは、具体的な数字がなく、正確な税金を把握出来ない場合に、おおよその税金額を算出し、恐らくこのぐらいの税金が課税されるのが妥当であろうと判断され、課税されるという課税制度を指します。

  • 次へ
  • 次へ
  • もどる
  • 結果を見る
  • もどる