納税の話

青色申告の特典

青色申告は手続きが面倒だったりといったデメリットがありますが、税金上は大きなメリットがあります。
赤字の繰り越しや控除など特典があるのでぜひ青色申告に変更してみましょう。

img-209-1

青色申告のメリット

青色申告とは、複式簿記等のやり方によって帳簿を記載し、それによって書かれた記帳から正しい所得や所得税、法人税を計算し、申告することを言います。複式名簿には貸借対照表や損益計算書などが含まれ、他にも現金出納帳、売掛帳、買掛帳、経費帳、固定資産台帳のような帳簿を備え付ける場合もあります。青色申告のメリットは豊富な特典にあります。例えば、利益から65万円分を無条件で控除できるというのも特典の中の1つです。この場合、青色申告を選択しただけで10万円の控除、その際に貸借対照表を作成しておけば65万円の控除が無条件で得られます。他にも、同じ屋根の下で暮らす家族に対し、労働の見返りとして払った給料を、経費にすることができるというのも特典の1つです。そのためには、青色事業専従者給与に関する届出書というものを税務署に提出しなくてはいけませんが、それでもかなりのメリットです。

赤字を繰り越せる

青色申告における最大のメリットはその年の赤字を来年以降に繰り越せるということです。確定申告という制度は、1年間に区切って税金の計算をし、利益はこれくらい出たとか、赤字がこれだけ出してしまったというのをやります。商売において、毎年黒字が出続けるというのは誰にもわかりません。何らかのトラブルで働けないときも中にはあります。年によって黒字や赤字がバラバラになることがあるため、たとえその年赤字が出てしまっても、青色申告ならば、向こう3年間に限って、赤字を繰り越すことができます。次の年に黒字ならば、そこに赤字分を加えて、黒字額を減らし、所得税などの税金を減らすことが可能になります。青色申告以外に、白色申告もできますが、65万円の控除に加え、赤字の繰越もできるため、これをうまく活用することで税金の節約が可能になります。

青色申告にはデメリット

一方で、デメリットもあります。作業の煩雑ぶりです。青色申告を選択した場合、毎日帳簿をつけたり、領収書などをしっかり保管する必要があります。また、複式簿記を使って記帳するため、損益計算書以外に、貸借対照表を申告書に添付するといった条件を満たす必要が出てきます。性格がズボラな人はこういった作業は面倒に感じます。こうしたもので、税務署側は提出された複式簿記の内容が本当に正しいのかどうかという検証が容易にできるようになります。要するに、税務署としては、所得隠しをどこかでしていないかを厳しくチェックしたいために青色申告を行っており、その見返りが先ほどの特典です。当然、大多数の事業者やフリーランスは所得隠しなどは行っていません。正直に申告すれば、あなたにとって得しかありませんよ、正直者はバカを見ませんよという制度が青色申告制度なのです。

  • 次へ
  • 次へ
  • もどる
  • 結果を見る
  • もどる