納税の話

青色申告の帳簿の記入

青色申告の特典のひとつに「65万円の控除が受けられる」というものがありますが、申請には複式簿記による帳簿作成が必要です。
ここでは帳簿のつけ方や帳簿や領収書の保存期間など説明します。
また会計ソフトを使って帳簿作成を行う方法も紹介します。

img-210-1

青色申告に必要な帳簿のつけ方

青色申告の特典として、65万円の控除が無条件に受けられるというものがあります。その条件として、複式簿記による帳簿作成が義務となります。中でも、主要簿と呼ばれる仕訳帳と総勘定元帳の2つが大事になります。青色申告の申請では、貸借対照表と損益計算書を税務署に提出します。複式簿記のすべての取引を勘定科目別にまとめた総勘定元帳と、複式簿記のすべての取引を日付順に記録した仕訳帳、これら2つは貸借対照表と損益計算書の根拠となる資料で、税務調査が行われる際には必ずチェックされます。また、目的別に取引を管理するための補助簿と呼ばれる帳簿が6つあり、現金出納帳や預金出納帳、売掛帳、買掛帳などがそれらにあたります。補助簿に、業務に関する金の動きをいれ、それを見ながら総勘定元帳や仕訳帳に記載し、それを元に貸借対照表や損益計算書を書くことになります。

帳簿・領収書の保存期間

青色申告で使用した領収書や預金通帳を含めた帳簿書類などは、法律によって7年間の保存期間があらかじめ定められてます。例えば、税務調査が入り、これらの帳簿を提示することができないと、場合によっては青色申告の取り消しが行われ、青色申告の特典がなくなるどころか、追徴課税を受けてしまうこともあります。特に領収書の管理は大変です。服のポケットに入れっぱなしにして洗濯してしまったり、領収書を出しっぱなしにし、紛失する可能性も大いにあります。そのため、定期的な領収書の整理が求められます。
クリアファイルを用意して、整理していないものをまとめたり、記帳を済ませたら、その月ごとに分けて保管したり、ノートになど貼っておくなどしましょう。大事なことは、しっかり管理されていることなので、税務調査の時に、これらの金の流れがすぐに示せることが求められます。そのためにも、保存期間は必ず守りましょう。

会計ソフトの利用

会計ソフトを利用すると簡単に帳簿をまとめることができます。仕訳帳と総勘定元帳は、補助簿に記載したデータを最終的にまとめたものなので、常日頃、補助簿にデータを入力していけば、それらを見て、仕訳帳などを作っていく手間がかかりません。業務に関連した預金の出し入れは預金出納帳に記載し、仕事で使うものを現金で買ったり売ったりしたのなら現金出納帳と補助簿に入力していけば、会計ソフトが自動で勝手に計算をしてくれ、仕訳帳や総勘定元帳に反映してくれます。こうして仕訳帳と総勘定元帳は簡単にできます。その後の段階である損益計算書と貸借対照表も同じ手順で作ることが可能です。先ほどと違い、自分の手で入力することもありますが、大部分は自動作成です。帳簿などが出来上がった場合にすべきことは、電子データのまま保存するのではなく、紙として保存することです。データ保存の場合は税務署への申請が必要となる場合があります。

  • 次へ
  • 次へ
  • もどる
  • 結果を見る
  • もどる