賃貸併用住宅を建てるなら

賃貸併用住宅のメリットやノウハウをご紹介

土地の取得を含めて住宅ローンを利用する自己資金を抑えたプランや、空室リスクがなく、安定した収入が期待できる家賃保証プランなどをご紹介しています。

賃貸併用住宅特集

賃貸併用住宅の基礎知識

賃貸併用住宅とは賃貸物件の一部が住居になっている住宅のことです。構造も各メーカーにより、木造、軽量鉄骨などいろんな種類のタイプがあります。

img-4

賃貸併用住宅のメリット・デメリット

賃貸併用住宅はローンの一部を家賃収入で返済できるなどメリットがあります。

img-126

賃貸併用住宅と税金

賃貸併用住宅を長期・低金利な住宅ローンで建てれば、負担もリスクも減らすことができます。住宅ローン減税の活用や確定申告で所得税を節税するなど、税金対策できます。
このカテゴリーでは税金の仕組みを理解し、賃貸併用住宅ならではの節税を考えます。

img-170

募集と管理

賃貸併用住宅は自宅の一部を貸し出すため、入居者の募集は非常に重要です。
また物件の管理は「自分で行う」「管理会社に委託」のどちらかがありますが、管理会社に委託した方が手間がかかりません。
このカテゴリーでは入居者を集めるための方法や管理の方法などを解説します。

img-172

リスクとその対策

賃貸併用住宅の最大のリスクは空室です。このリスクをいかに回避するかがポイントです。
このカテゴリーでは空室対策をはじめ賃貸併用住宅で賃貸経営を行う際に発生するリスクとその対策について考えます。

img-173

収支計画・利回り

賃貸併用住宅で賃貸経営を始めるにあたって、収支計画や利回りをきちんと理解する必要があります。
このカテゴリーでは賃貸併用住宅で収益を上げるための収支計画の立て方や運用について学びます。

img-174

賃貸併用住宅をお考えの方

土地を持っているだけでは税金がドンドン増えます。マンション経営は、景気や季節、物価などによる影響も少なく、固定資産税の軽減、相続税の軽減、所得税の軽減、長期に安定した収入を生み出します。高品質な賃貸マンションを建てることで、入居者を継続的に確保できるため、長期的に安定した収益が期待できます。このサイトではハウスメーカー・公務店・ゼネコン・不動産会社などの経営プランを比較することができます。まずは複数企業に資料請求!

マンション経営をするメリットについて紹介いたします。

マンション経営は大きく2つのプランが可能!

マンション経営はには多額の自己資金が必要ですが、土地が無くても、手持ち資金が少なくても、ある程度の年収がある方ならアパートローンが組み、マンション建築ができます。
マンション建築ではなく、投資用マンションの購入するなどの手もあります。
購入か建築か検討していいる人は両方の会社に問い合わせることをお勧めします。

有効土地活用で節税効果が期待できます

非住宅用地と比べ、固定資産税は約6分の1となります。
相続の際の税金、相続税は、金融資産と比べると約40%の減額となり家族の財産として残しやすい資産です。
経営で得た収益を確定申告をすることで、所得税・住民税など節税効果を見込むことができます。
節税効果はオーナーによって異なるため、事前に企業や税理士などに確認する必要がありますので注意してください。

長期にわたり安定収入を見込める

土地を保有している場合は、節税効果に加え、建築物以外の投資が 必要ないため、投資額を少なくすることができます。
マンションの入居率を安定することで、長期にわたり安定収入が見込めます。

老後の年金対策としても活用できます

高齢化社会に突入しているのに、年金支給額を切り下げなど定年後の不安はつきません。
マンションの入居率を安定することで安定した収入をもたらしてくれます。
入居率が安定させ、長期にわたり安定収入が見込み、ゆとりのある定年後の備えの一つにしましょう。

残される家族に相続を

ローンに銀行の指定する 「団体信用生命保険」が組み込まれています。
万一のことがあった場合、賃貸住宅は、残された家族の財産として、月々の家賃が実収入として入ります。
先に述べたように金融資産と比べると約40%の減額となるため、ご家族の財産にすることが可能です。
ご家族に長期にわたる安定した収入源を残すことも可能です。

  • 次へ
  • 次へ
  • もどる
  • 結果を見る
  • もどる

協力企業インタビュー

  • 東京セキスイハイムインタビュー
  • 大東建託インタビュー
  • 旭化成ホームズインタビュー
  • 株式会社MDIインタビュー
  • スカイコート株式会社インタビュー
  • 株式会社セレコーポレーションインタビュー
  • 土地活用に関する用語集