賃貸併用住宅の基礎知識

自宅の一部を賃貸に、賃貸併用住宅が活用されています

自宅の一部を賃貸にすることで家賃収入を住宅ローンに充てることができます。
ここでは賃貸併用住宅のメリットや活用方法などを解説しています。

img-166-1

賃貸併用住宅とは

賃貸併用住宅とは簡単に言えば一つの建物の中に家主のための居住スペースと賃貸スペースとが共存している住宅の事を指します。
マンションなどでも最上階が家主の家でその他のフロアは全て賃貸として貸付しているところがありますが、これも賃貸併用住宅と言えます。
最近ではもっと小規模な賃貸併用住宅もあり、家主の居住スペースのほかの賃貸部分が二部屋くらいしかないものもあります。
他人と同居する住宅のように思われるかもしれませんが、実際にはそれぞれの居住スペースは完全に別々になっており住宅設備もそれぞれのスペースに作られているためプライバシーを重視した暮らしができます。
二世帯住宅よりもさらに個々の暮らしを優先させた住宅なのです。

タダ同然で自宅を手に入れられる

賃貸併用住宅の魅力はほとんどタダ同然に住宅が手に入れられるところにあります。厳密にいえば頭金は必要ですし住宅ローンも組まなければいけません。
しかし賃貸併用住宅を建設すれば家賃収入が得られるため、これによって住宅ローンを支払うことができます。自分の給料からは全く住宅ローンを支払わずに済むため実質的に無料で家が手に入れられるのです。
勿論これは賃貸部分に空室が出ず、しかも入居者が家賃を踏み倒すことなくしっかりと支払ってくれた場合です。
全てを家賃収入で賄う事が出来なかったとしても賃貸併用住宅にすることで自分の支払うローン負担を軽減することはできます。
不労収益により住宅ローンを支払いますので、万が一仕事をリストラされたとしてもローンだけは支払い続けられるのがメリットです。

入居率の高い住宅にするには

賃貸併用住宅はローン負担を軽減できたり無料にできるメリットがありますが、空室や家賃の踏み倒しリスクがあります。
入居率があまりにも悪すぎますと最悪の場合ローン破綻を起こす可能性があります、しかも賃貸併用住宅の場合は通常よりも建設費用が高くなるため破たんしたときの負担が大きくなるのです。実際にはそのようなことは少ないのですが入居率を上げるための対策をしなければいけません。
まず立地を考えましょう、多くの方が暮らしたくなる地域をリサーチしてください。一番いいのは駅の近くや都心などになります。
そして独身の一人暮らしの方をターゲットにした住宅を作るのもおすすめです。
回転率が高く礼金を多く手に入れられます。その時は若い方が好むようにフローリングにしましょう。そして収納を多くし、暮らしやすい部屋にしてください。
また安全性を重視する方が多いので鍵を防犯性能の高いものにしたり防犯カメラを設置するなど工夫することもおすすめです。

  • 次へ
  • 次へ
  • もどる
  • 結果を見る
  • もどる