賃貸併用住宅のメリット・デメリット

賃貸併用住宅によくあるメリット・デメリット

ここでは賃貸併用住宅のメリット、デメリットについてよくある事例をまとめました。
あらかじめ特徴をよく理解し、賃貸経営を成功させるための方法を考えます。

img-165-1

賃貸併用住宅のメリット

賃貸併用住宅のメリットは、何と言っても家賃による賃貸経営の収入が大きいでしょう。普通の家であれば、住宅ローンを支払うばかりですが、賃貸収入のお陰でローン返済の足しに出来ます。場合によっては返済額と同等、もしくは上回る賃貸収入となるかもしれません。
賃貸経営をしているので、この収入は所得税の対象となります。サラリーマンの場合、確定申告で給与と賃貸収入を合算して所得税を考えます。ですから、仮に賃貸収入がマイナスでも給与分がマイナスになるので所得税が安くなります。また、賃貸経営での必要経費を計上できるので、その分を節税できます。
他のメリットは、住宅ローンを利用できることでしょう。ビジネス関係のローンと比べて、住宅ローンは低金利で長期の返済が可能です。これは、住宅ローンで賃貸経営が出来る裏ワザと言ってもいいでしょう。

賃貸併用住宅のデメリット

賃貸併用住宅のデメリットは、修繕費がかさむことでしょう。新築の頃はいいですが、年月が経つと住宅に痛みが出てきたり設備が故障したりします。不動産会社と契約していれば入居者に対応してくれますが、修繕費は自分で出さなくてはなりません。
次に、賃貸併用住宅は不動産会社と契約して賃貸契約を任せるのが普通です。サブリース契約といって、不動産会社が持ち主から物件を借り、入居者に貸すことになります。
当然、不動産会社にいくらか利益を取られますが、空室でも不動産会社から収入を得られるので悪い契約ではありません。
しかし、不動産会社がこの先も同じ収入を保証してはくれません。物件の評価を二年ごとに行い、家賃の見直しがされるのです。評価が下がり続ければ、いずれ大規模改修を提案されるかもしれません。断れば、さらに評価は下がっていくでしょう。

収入を得る目的を明確に

賃貸併用住宅を建てて賃貸部分へ入居者に入ってもらうということは、賃貸経営を行っているということです。しかし、賃貸部分以外は自宅です。自分の生活空間なので、ビジネスを行っているという意識に欠けやすくなります。特に不動産会社と契約すると、自分で入居者の募集や管理の対応をしないので希薄になりがちです。
しかし、自宅だからといって妥協はできません。いつも住宅を清潔に保たなくてはなりません。空室状態になったら、傷んだ部分を改修するなどリフォームをして入居者にとって魅力的な物件であるようにアピールしなくてはなりません。お金をもらうのですから、しっかりと責任をもつ必要もあります。
その為にも賃貸併用住宅を検討する時は、収入を得る目的を明確にしましょう。ただ漠然とお金が欲しいからでは、実際に賃貸併用住宅を建てて入居者に入ってもらっても、自分が考えていた理想と違うことにがっかりしかねません。
お金を得るには自分の何かを提供しなくてはいけません。ですから、デメリットが有るのは当たり前です。それを理解した上でビジネスを始めるのなら、成功できます。

  • 次へ
  • 次へ
  • もどる
  • 結果を見る
  • もどる