戸建賃貸のメリット・デメリット

戸建て賃貸のメリットとデメリット

戸建賃貸にはアパートやマンションとは異なるメリット・デメリットがあります。
ここでは戸建賃貸の特徴を理解し、安定した賃貸経営を行う方法を考えます。

img-158-1

戸建て賃貸のメリットとは

戸建て賃貸には多くのメリットがあります。
まず挙げられるのは、狭い土地を有効活用できることです。マンションやアパートといった集合住宅を建てて経営するにはある程度の広さを持った土地が必要になりますが、戸建て賃貸なら狭くても問題ありません。
また、戸建て賃貸に入居するのはファミリー層が中心です。生活環境が大きく変わることが少ないため、入居期間が長くなるのです。長期間にわたる継続した家賃収入を得ることが可能になります。
そして、不動産経営ではありがちな空室率の問題が発生しないことも大きなメリットです。戸建て賃貸は需要に比べ供給が少ないため、入居がすぐに決まる傾向があります。さらに、一度決まれば長期の契約になるため、物件を遊ばせることがなくなります。

戸建て賃貸のデメリットとは

戸建て賃貸にはデメリットもあります。
最も大きなデメリットは、一戸につき一つの契約しか結べないということです。マンションやアパートであれば、一棟にある複数の部屋のうち一つでも契約を結ぶことが出来れば家賃収入が得られますが、戸建て賃貸の場合は一つの契約による家賃収入しか得られません。
物件の管理に手間が掛かることも挙げられます。戸建て住宅の場合は周囲に他の入居者がいないため、入居者が契約の範囲を逸脱してしまうことがあります。ペットを飼う、物件そのものを又貸しするといったトラブルが発生することもあります。
また、家賃収入が少ないこともデメリットです。一件分の家賃収入しか得られないため、コストを上回る収入を得ることは簡単ではありません。

デメリットを解消する方法

一戸につき一つの契約しか結べないというデメリットについては、近年流行しているルームシェアを活用することで解消できます。一つの戸建て住宅に対し複数人の契約者がいる状態になるため、仮に一人の入居者が退去しても家賃収入を得られるのです。
また、物件の管理については入居者に契約条項を確実に認識させることでトラブルを回避できます。入居者に違反行為があった場合の措置を徹底することで、契約条項を遵守してもらうのです。
アパートやマンションに比べると、戸建て賃貸は家賃収入が少なくなります。しかし、不動産を取得する際の購入価格や建築価格といったコストを下げること、さらには家賃設定によって利回りを向上させることが可能です。特に家賃設定に関しては、戸建て賃貸は集合住宅に比べて高い家賃を設定することが出来ます。需要に対して供給が少ないことが大きな理由です。
このように、戸建て賃貸のデメリットは工夫を凝らすことで解消することが出来るのです。

  • 次へ
  • 次へ
  • もどる
  • 結果を見る
  • もどる