マンション経営のノウハウ

ライフスタイルに合わせたマンション経営

定年後の収入源として、会社員の節税として、などマンション経営を始める理由は人それぞれです。
ここではライフスタイルに合わせて行えるマンション経営の強みについて考えます。

img-151-1

定年後の収入に

マンション経営はマンションを購入してそれを賃貸するだけで経営できますから、資格も必要無く誰でも簡単に出来ます。それにマンションの耐用年数は長いから、ローンを払い終えた後も長く続けることが出来るメリットがあって、継続的に安定的な収入を確保することが可能です。それでマンションのローンを払い終われば、後は家賃収入を私的年金として活用することが出来ます。マンション経営は手間がかからない為ライフスタイルを変えることなく、マンション経営を継続して続けられます。死んだ後はローンは保険で返済されますから、残された家族に資産として残してあげられますし、マンションから得られる家賃収入は遺族年金として残してあげられます。

会社員の節税に

マンション経営は節税対策にも活用できます。遊休地にマンションを建てて賃貸にするだけで土地の評価額が下がりますし、建物自体の評価額も下がります。評価額が下がれば相続時の財産の評価が下がって相続税の負担が軽くなります。そして節税対策は会社員の節税にも使えます。マンション経営をしながら管理費や修繕費などの経費やマンションの減価償却費を払って、マンションからの収益が赤字になると、その赤字を給与所得と損益通算することが出来ます。損益通算することで所得を減らすことが出来て、確定申告をすることによって所得税の還付を受けることが出来ます。所得が減ればその所得で計算している住民税も減りますから、住民税も節税になります。

子供の進学や上京時の住居に

都心にマンションを買って、マンション経営を始めない場合でもマンションは有効活用できます。子供が都会の大学に進学する時には子供用の住居として使うことが出来ます。子供用に使うと家賃収入が入って来ませんが、マンション経営をして家賃収入が入ってきても、子供の住む場所を確保して、そこに家賃を払うなら一緒ですし、家賃収入に税金がかかることを考えたら逆に損をします。子供だけでなく、上京時に都心で買ったマンションを一時的な住居として利用をすることも出来ます。長く住む場合だと賃貸だと礼金敷金を払って家賃を払い続けて、退去する時は原状回復までしなければならないから、いろいろ面倒ですし、長く滞在しなくてもホテルに宿泊し続けるのは高くなるし、ウィークリーマンションでもホテルよりは安いけど、高くなることは変わりません。それでしたらマンションを買って利用した方がいいです。そんな感じでライフスタイルに合わせてマンションを活用することも出来るのがマンション経営の強みです。

  • 次へ
  • 次へ
  • もどる
  • 結果を見る
  • もどる