マンション経営の基礎知識

サラリーマンの為のマンション経営

マンション経営を始めるサラリーマンが増えています。
ここではサラリーマンをしながらマンション経営をするときのメリット・デメリットなど解説します。
また、管理会社を利用してサラリーマンを続けながら賃貸経営を行う方法を考えます。

img-198-1

マンション経営の基本

マンション経営は長期的な投資だという基本を忘れてはなりません。マンションを保有していれば毎月賃料収入を得ることが出来ます。大きな資金を投じて月々数十万円から数百万円くらいの賃料収入を得られるわけですが、これを長く続けていくことによって資産を増やしていくことが出来ます。ですから、短期的に利益を追い求めるような資産の形成方法ではないという点に注意しなければならないでしょう。長期的な投資ですから、始めてしまえば手間はかかりません。サラリーマンがマンション経営をするのなら、普段は細かい業務を行うことは出来ないでしょうから、管理会社を利用するのが基本です。入居者の募集や賃料の管理などを管理会社に任せておけばよく、サラリーマンを続けながら長期的に資産を形成していくことができるでしょう。

マンション経営に期待出来る事

マンション経営によって期待できる利益は家賃収入と売却益です。マンションを保有して入居者を確保することが出来れば、毎月家賃を得ることが出来ます。毎月安定した家賃収入を期待できるというのがマンション経営の優れた点の一つです。売却益とは、所有している物件を売ることによって得られる利益を指します。1億円で買った物件が1億2000万円で売却できれば2000万円の売却益を得ることが出来ます。ここ最近で景気は徐々に回復していますし、金利も低い状態が続いていますから不動産価格も上昇気味です。ですから、良い物件を取得できれば、価格が高くなったときに売って売却益を確保できる可能性もあります。サラリーマンのマンション経営では、この二つが期待できる主な利益で、これらを狙って投資していくことが出来ます。

リスクとその対処法

マンション経営には様々なリスクがありますが、それらに対応する方法はある程度確立されていると言えるでしょう。例えば災害によって建物が失われてしまうと、賃料収入が途絶えてしまいますし、建物という資産を失ってしまいます。このようなリスクに備えるためには、損害保険への加入が適しています。例えば火災保険に加入しておけば、建物が損なわれたときに保険金を受け取ることが出来るでしょう。ほかにも、空室リスクもありますが、これはサブリース契約によってリスクを回避することが出来ます。金利上昇リスクもありますが、これに対応するためには固定金利でローンを組むといった方法も考えられます。マンション経営には様々なリスクがありますが、それぞれ対処していく方法はありますから、低リスクでの運用を心がけたい人なら回避の方法についても学んでおきましょう。

  • 次へ
  • 次へ
  • もどる
  • 結果を見る
  • もどる