マンション経営の募集と管理

共同住宅のゴミ・環境問題

共同住宅にはごみ置き場が設置してある場合があります。
ここではマンションの環境整備で注意することとしてゴミ問題について取り上げています。

img-149-1

共同住宅のゴミ置き場のタイプ

共同住宅のゴミ置き場のタイプとしては大まかに分けると3つのタイプがあります。
このうち「路上型」、「開放型」といわれる2つのタイプはほぼ同じで、設置費用が低予算で済むことが大きなメリットです。
しかしむき出になったままカラスなどに荒らされる可能性がある上に、路上が汚れやすくなってしまいます。
3つ目の「密閉型」と 呼ばれるタイプは、箱型の置き場を設置しますので荒らされる心配が無く外からの見た目も綺麗で悪臭も防ぐことができます。
密閉型は路上型などよりも設置費用が高くなり管理が必要になりますが、プライバシーの保護にもなり環境に配慮できますのでマンション経営においては最適なタイプといえるでしょう。
密閉タイプは完全密閉では無く通気の穴が空いていたりメッシュ素材の物もある他、アジャスターなどが付いている場合が多いです。

ゴミ問題・環境整備で注意すべきこと

最近では賃貸物件のイメージの良し悪しがゴミ置き場と関係していることも多く、マンション経営の際には置き場所がどうなっているかで入居者の確保に響くといっても過言ではありません。
ゴミによる入居者同士や近隣住民とのトラブルも後を絶ちませんが、その多くがきちんとしたルールや置き場が無いことに原因があると思われます。
道路に面して露出した状態の場所を利用する場合には、一般の戸建て住宅で暮らすのと同じく決められた曜日、時間帯にきちんと出すようにしなければなりません。
入居者の精神的苦痛もそうですが、町内会や近隣からクレームがくることも考えられます。
問題が少ないマンション経営を考えるならばきちんとしたゴミ置き場を設置して、入居時にゴミの出し方を記載したしおりなどを配布して意識付けを行なう注意が必要でしょう。

周辺への影響の大きいゴミ屋敷問題

ゴミ屋敷は一戸建て住宅に限った問題では無く、賃貸物件においても存在しているのが事実です。
床から天井近くまで積もった中で生活をしている住人自身は、「自分の部屋なんだから勝手だろ」と第一声を上げる場合が多いようです。
しかし周辺には悪臭や虫の発生、物件の資産価値減少等色々な問題が発生します。
一般にそうした所に住んでいる人は他人から見ると何にも役にもたたないとしか思えない物でも、大事な物だと認識している場合が多いようです。
強制的に伝えて片付けようとしても応じてくれないケースが多いので、 捨てないことにより近隣にどんな迷惑がかかっているのかをきちんと根気よく説明をしていくしかないでしょう。
過去には12年前から問題のあった家から大量に路上まで溢れ出し、ボヤ騒ぎが起こったというケースもあります。
このような状態までいってしまうと住人だけで掃除することは難しいので、ゴミの清掃業者などを紹介してあげることもよいでしょう。

  • 次へ
  • 次へ
  • もどる
  • 結果を見る
  • もどる