マンション経営のメリット・デメリット

マンション経営のメリットは生命保険の代わりになる!

マンション経営を始めるにあたってローンを利用する方が多いです。
ローンを組む際に加入する団体信用生命保険には様々な特約がついた商品もあります。

img-142-1

生命保険と同様の効果がある?

マンション経営を始める方の場合では、住宅ローンを利用して物件を購入する方が多い傾向にあります。不動産会社など法人が一括して購入するのではなく、サラリーマンなどが個人所有として購入するような場面では、住宅ローンは欠かせないものとされています。ローンを利用する際には、必ず団体信用生命保険に加入することが一般的になります。マンション経営を行う上ではローンの残債が大きなものとなる場合が多く、団体信用生命保険に加入することによって、オーナーが万が一の病気や事故などによって、お亡くなりになった場合では、ローンの残債が保険から支払われることになるために、遺族側からすると生命保険と同じ効果を持ち合わせていることになり、効果的な保険内容と言うことができます。

万一の時に必要な支出はどのくらい?

物件を購入したオーナーが万が一のアクシデントによってお亡くなりになってしまった場合では、通常では遺族に負担がかかってしまうことになります。必要とされる支出は多く、家族が生活を送っていくための生活費として食料や家賃、持ち家でも管理費用なども必要です。お子さんがいるご家庭では教育費なども多額のお金が必要になります。葬儀代や相続費用なども必要とされており、細かい部分では自動車の維持費用や家庭内で利用する家電製品等のアイテムに関しても大きな負担が強いられることがあります。一般的には葬儀費用だけでもまとまった資金が必要とされており、マンション経営を行う方のケースでは、将来を予測しながら収支を管理することも大切になります。

生命保険と比べた場合の負担の違いについて

一般的に生命保険に加入をしている方のケースでは、その支払額については掛け金によって変化が見られるために、人によって支払額が変わることになります。全国的な平均額を見てみると、最も多い負担額に関しては1万円から2万円程度の金額になります。年間にするとまとまったお金を支払っていることになり、さらに年数が増えるごとに負担額も大きくなります。その一方でマンション経営を行う際に加入する団体信用保険と比較した場合では、特徴として支払額は金利の中に含まれていることが一般的になるために、別途支払う必要のないものとして考えることができます。マンション経営を行っているならば、将来的な部分として家賃収入によってプラス収支になることが前提とされているのですが、不要になった際には物件を売却しやすい性質を持っていることも魅力になります。その結果として余計な負担額を増やしてしまうことがなく、比較的自由に資産管理を行うこともできるメリットを持っています。

  • 次へ
  • 次へ
  • もどる
  • 結果を見る
  • もどる