マンション経営と税金の話

子供へのマンションの生前贈与

収益物件を親から子へ生前贈与することでいくつかのメリットを得られます。
ここではどのようなメリットがあるのかを理解し、節税のための方法を解説します。

img-190-1

子供や孫の生活援助

マンションの生前贈与にはいくつかのメリットがありますが、その中の1つに子供や孫の生活援助があります。例えば、子供や孫がマンションなどの不動産を購入する場合には多額の現金が必要となりますが、このような場合に贈与を行なうことによって、購入にあたってのローンを組む必要がなくなり、子供や孫の教育資金や生活資金を援助することができます。つまり、ここでの余剰金を家計に回す余裕が生まれることになります。方法としては2つあり、それは、不動産購入資金においての非課税特例を利用する方法と相続時精算課税制度を利用する方法になります。不動産購入資金の援助では、現在においては最大で1,500万円までが無税で生前贈与を行なうことができ、また、マンションなどの物件の場合には相続時精算課税を利用することによって贈与額が2,500万円まで税金がかからないことになっています。

相続税を払うための現金確保

マンションを生前贈与で購入するには、非課税特例を用いてその資金の一部を援助してもらう方法と、相続時精算課税制度の活用がありますが、相続税対策として活用するには、マンションなどの収益物件を贈与してもらい、後者を活用することが効果的な方法となります。つまり、子供が収益物件を贈与されたことによって家賃収入を得ることができ、そのためにこれを蓄えことによって相続時の現金確保を行なうことができます。例えば、親が収益物件を贈与しない場合には、親が家賃収入を得ることになり、そこでは相続財産が毎年蓄積されていくことになってしまいます。また、この場合には敷金などを同時贈与することによって税額を減らすことにつながります。それは、敷金は契約終了後に賃借人に返す性格の資金であるために負の財産とみなされ、相続金額からは引くことができるためです。

所得税・住民税の節税

子供が収益物件の贈与を受けた場合には、所得税や住民税の節税につなげることもできます。通常、会社に勤めている場合などにおいては給与から所得税が差引かれて支給されますが、収益物件を取得することにより、ここでは自分で税務署への申告が必要となります。この場合には青色申告を行なうことによって特別控除枠を活用することができ、それは、簡易簿記による場合では10万円、複式簿記の場合には65万円の控除を受けることができるようになります。また、贈与をする本人においては、仮に生前贈与をしようとしている人の所得税や住民税が5割である場合に、子供の税率が2割の場合などでは、単純に税率を3割まで下げることができるようになります。ここでは、本人よりも子供の税率が低いという条件を満たしていれば、所得税や住民税の節税につなげることができます。

  • 次へ
  • 次へ
  • もどる
  • 結果を見る
  • もどる