マンション投資

今の投資マンション市場

東京オリンピック開催が決定し、東京周辺の不動産価格が上昇しています。
これに伴って投資マンションの相場はどのように変動しているのでしょうか?
最近の中古マンション価格についてまとめました。

img-199-1

現在の中古マンションの価格

投資用のマンション市場ですが、外国の方、特にバブルに沸いていた中国の方が資産の分散目的で日本のマンションを多数購入しており、そのために中古マンションの価格は値上がり傾向が続いていました。
しかし最近の中国の株価暴落の煽りを受けたマンション市場は一時期の過熱振りからは落ち着き、わずかではあるものの下落傾向にあります。
一部では中国バブルの崩壊で当面の資金を確保するため、保有していたマンションが売りに出されていることと日本の株価も下がっていることで投資としての不動産の価格も下落傾向が続いており、逆に、投資として中古マンションを購入するには良い環境が整ってきたと言えます。
マンションの価格が安い時に買って、高い時に売るというのは基本的な方法です。
当面、この流れは続くでしょう。

東京オリンピック開催の不動産価格の影響

2020年の東京オリンピックが決定した際、東京近辺の不動産価格は今後の経済効果を見越して軒並み上昇しています。
東京オリンピックが開催されることで土地が必要になった場合、東京オリンピック開催と不動産の価格が連動するのはすぐにわかると思いますが、長期滞在するビジネスマンや観光客の増加が見込まれるだけでなく、観光客増加と都市整備に伴い雇用が促進されるため、雇用のために東京に数年滞在するために、その期間だけマンションを利用する、という方も増えています。
そのため、無関係と思えるマンションの分野でも経済効果が発生してきていますし、マンション市場でもその点を見越して投資用のマンションを購入される方が多数いらっしゃいます。
また、経済が促進されると不動産価格が上昇をする、という点もあります。

物価は上昇傾向で推移

アベノミクスと言われる経済政策は今の所成功しており、政府は今後2%程度の物価上昇(インフレ)を目標により、更に経済を推進させ、国債を減らそうとしています。日本人はどちらかというと投資より貯蓄や倹約に励み、投資には消極的な民族なのですが、物価上昇の場合、貯蓄のみならばインフレに伴い貨幣の価値が下がるために、結果的には損失となってしまいます。一般的に株の価値は物価上昇と連動しているので、インフレ対策として株を購入している方も多いのですが、不動産も同様にインフレ対策の資産として活用されています。
日本では貯蓄と同時に不動産への信頼も大きいです。インフレ対策としても、信頼できる資産であり収入源のひとつとして、マンション購入を始めとする不動産への投資も検討の余地はあると思います。

  • 次へ
  • 次へ
  • もどる
  • 結果を見る
  • もどる