駐車場経営の一括資料請求なら賃貸経営ナビゲーション。

少ない資金・初期投資で始められる土地活用プラン

土地の有効活用なら駐車場経営はいかがでしょうか。相続した家を取り壊して空地になった、売却活動中だけ有効活用したい、遠方の所有地の管理が負担に、そんな方に駐車場経営をおすすめします。

駐車場経営を始める前に

駐車場経営を検討している方へ

初期費用を安く押えることができますし、手軽に始められることから駐車場経営をしたいという方が増えています。といっても駐車場経営にも様々なタイプがありますのでよく吟味しましょう。

1.駐車場経営とは

街でよく見る「月極駐車場」。
あれって、誰の土地で誰が管理しているのだろうと思ったことはありませんか?
看板には『連絡先 ○×不動産」なんて書いてあるのを目にすることはありますが、実際その月極駐車場を借りて契約書を取り交わしてみると、貸主欄に個人の名前が書いてあったりして「あれれ? ○×不動産の駐車場じゃないの?」と不思議に思うことがあります。実はあれは、個人がオーナーとして駐車場を経営しているのですが、管理は○×不動産に委託しているというからくりなんですね。

駐車場経営

上記は、ただ一つの例としてあげましたが、駐車場経営とは所有している土地、もしくは購入した土地を駐車場として運営や管理、経営を行うことをさします。ちなみに上記の例は、「運営委託」というものになります。自分で設置から運営からなにからなにまですべてをやる経営のことをなんというかというのでしょう。それは「自己経営」といいます。

2.メリットデメリット

メリット

初期投資が少なくてもOK

駐車場の種類にもよりますが「平面駐車場」なら初期投資ゼロの可能性も!立体駐車場の場合は設備が必要な場合もありますが建物に比べれば大きく抑えられます。

短期間での転用が可能です。

建物ではないので借地借家法もないので事前通告のみで利用者を立ち退かせることができるので他の土地活用への転換が簡単です。

集金ごとの現金収入

利用者の多くは現金生産なのでアパート経営などに比べて集金に苦労することがありません。また、現金収入なので経営状況を正確に把握することが出来ます。

デメリット

税制上のメリットが少ない

アパート・マンションを建てる場合と違い、駐車場経営は税制上の優遇措置はほとんどありません。固定資産税・相続税は更地と同じで、平面駐車場の場合減価償却費がありません。

立体式駐車場は注意が必要

自走式駐車場等は建築基準法の適用を受け「用途地域制限」により、住宅地での設置が認められない可能性もあります。

価格競争になる可能性がある

近くにライバルとなる駐車場が出来た場合価格競争になってしまう場合があります。土地の価値・特徴を考えた対策が必要になってきます。

3.まとめ

きっかけは様々です。アパートやマンション経営よりなんとなく手軽に始められそう。そんなきっかけもあるかもしれません。駐車場経営は、初期費用を安く押えることができますし、なにより手軽に始められることから駐車場経営をしたいという方は後を絶ちません。
詳しい市場調査や周辺環境なども調べて、需要があるかどうか見極めましょう。

4.調査と見積もりを依頼しよう

駐車場経営は手軽に始められるといっても、「平面駐車場」「立体駐車場」「時間貸し駐車場」「日貸し駐車場」など様々なタイプがありますので、どれが一番市場に合っているのか、予算はどれぐらいか最初に判断しなければなりません。よく吟味して実りある土地活用をしていくためには様々な企業に相談して見ることをオススメします。

  • 次へ
  • 次へ
  • もどる
  • 結果を見る
  • もどる

協力企業インタビュー

  • 東京セキスイハイムインタビュー
  • 大東建託インタビュー
  • 旭化成ホームズインタビュー
  • 株式会社MDIインタビュー
  • スカイコート株式会社インタビュー
  • 株式会社セレコーポレーションインタビュー
  • 土地活用に関する用語集