駐車場経営を始める前に

駐車場建設について理解しよう

img-5-1

駐車場経営とは

駐車場経営とは、駐車場を作り駐車代で収益を得ます
とはいえ、実際に駐車してお金を払うお客様がいなくてはいけませんし経費も掛かります。
地域、周辺環境によって種類や規模を考えて収益の上がる駐車場を作りましょう。

駐車場の種類

平面式駐車場

郊外等でよく見られるタイプの駐車場です。
土地の上にラインなどが引いてあり、そのままそこに車を停めるタイプです。
月極・時間貸しによって設備は様々ですが、
月極駐車場であれば、ゲートなどの設備が必要なくて初期費用も安く収まり維持費も安く収まるケースが多くなります。
また、時間貸しの駐車場はゲートやフェンスなどの設備が必要になってくるほか、夜間の車の出入りも想定しなくてはいけませんので照明器具等が必要になってきます。
月々の維持費は少しかかりますが、初期費用としては他の種類の駐車場に比べるとそれほどかかるものでもないのではないでしょうか。
立地によって月極にするのか、時間貸しにするのか
周辺調査をしっかりと行い決めましょう。

タワー型機械式

駅周辺の繁華街、大型のマンション、デパートなどでよく見かける構造です。
少ない土地でも高さを持たせることで、一台のスペースで収容台数がかなり増えます
都心などではかなり大型の物もあり、自分の車が出てくるまで
かなり待った経験のある方もいるのではないでしょうか。
オーナー様からしてみれば、少ない土地に多くの車が入れば多くの収益につながりますが、たくさん収容できて収益が上がるからと言ってどこにでも建てられるわけではありません。
タワー型駐車場は建築物として扱われますので、建築基準法の適用を受けるのと、駐車場には駐車場法という法律もあります。
あまり、需要の無い所に建てても初期費用をかけて収益が上がらないということになり兼ねませんので、建築基準法と駐車場法さらに需要とバランスを考えましょう。

多段式機械駐車場

駐車場の中では中規模な駐車場です。ただ、一台のスペースに数台収容できて、切り離す事もできるタイプがある為、レイアウトはタワー型よりもしやすいです。
また、多段式もタワー型と同様多くの車を収納できる為、駅周辺の繁華街、マンションなどによく使われます。
初期費用はタワー型よりはかかりませんが収容力は規模にもよりますが劣るケースが多いです。
全部地下に入っている物や、半分地下に入っている物、全部外に出ている物など大きさ形状は様々ですが、基本1台分のスペースで数台収容できますので限られたスペース効率よく収容台数が増えます。
時間貸しにすると管理人等の設置が必要になりますが、需要のあるエリアではそれでも元は取れると思います。

自走立体駐車場(プレハブ式)

中規模から大規模まで対応可能で、造りとしてはプレハブ式と建物式の2通りあります。
プレハブ式は、建物式よりも建設費が安く割と狭い土地でも建設が可能です。
しかし、原則2階建てまでとなっており車路を確保しなくてはいけない為、駐車スペースは他の駐車場のタイプと比べると広めにとらなくてはなりません。
ゲートの設置等すれば無人化が可能な為、時間貸しにして月々のランニングコストは抑えられます。
又、組み立て、取り壊しが楽ですが雨天の場合など滑りやすいので車の往来、人の行き来で少し気を付けなければいけません。
雪が多い地域や、寒い地域では凍結しやすいというデメリットもあります。

自走立体駐車場(建物式)

もう一つの構造が、建物式の立体駐車場です。
プレハブ式と違い3階以上でも建設が可能な為、大型のスーパーやデパートなどで採用されています。しかし、建築物扱いとなる為建築基準法縛りが発生し、建てられる場所と構造が規制されるエリアもあるので注意が必要です。
建設費は高くなりますが、タワー型機械式駐車場よりは安く建設ができます。
しかし、維持費は他の駐車場に比べ安く無人化もゲート等の設置により容易に可能です。
最大のデメリットは上下階へ移動するのにスロープを作る為、スペースがかなりとられます。ですので、大型の商業施設向きといえるでしょう。

駐車場建設に関わる法律

駐車場の種類で少しふれましたが、建設に際し幾つかの法律が関わってきます。
建設予定地、規模に応じてしっかり確認しましょう。

建築基準法

家を建てる時などに、よく聞くと思いますが名前通り建物を建てる際に規制される法律です。ですので、平面式駐車場を検討の方はあまり関係がありません。
主に、住宅地に建設する場合に規制されます。ですので、商業地域に建設を予定される場合はほとんど縛られません。
建築基準法は、用途地域によって細かく取り決められており、「第一種低層住居専用地域」、「第二種低層住居専用地域」では病院、診療所、学校に付随する駐車場以外は原則禁止となっています。
また、「第一種中高層住居専用地域」では床面積が300m2という規定になっている為、タワー型機械式駐車場や自走式駐車場の建設はかなり厳しいと思います。

駐車場法

駐車場法は道路交通の円滑化を図るために昭和32年に制定されました。
駐車場法で規制されるのは、出入口や駐車場の構造です。
出入口を設置できない場所は、横断歩道周辺、小学校、保育園周辺、橋等
かなり細かく場所や距離の指定があります。
建設予定地が決まっている方はまず専門家に相談した方が良いかもしれません。
その他、出入口の構造や建物内部の構造にいたっても細かく取り決めがされていますので、駐車場の種類によって確認しておきましょう。

その他

建築基準法、駐車場法以外でも場所や設備によって様々な法律の適用を行けます。
消防法、都市計画法、道路法、都市公園法、道路交通法…
数多くの法律が絡む可能性がありますので、しっかり専門家と相談して、計画しましょう。

駐車場経営とアパート経営

駐車場経営とアパート経営の違いは、駐車場経営の場合比較的初期投資が少ない所があげられます。
駐車場の種類規模にもよりますが、更地に線を引いただけでも駐車場経営は始められます。また、あまりうまくいかなくてもそれほどダメージを受けない所もメリットではないでしょうか?
そのほかにも、比較的土地の転用が容易だったり、経営自体がそれほど難しくない所も挙げられます。
しかしその一方、駐車場経営の場合規模等にもよりますが、アパート経営よりは収入が少ないことが予想されます。長期的に安定収入をお考えならアパート経営の方が良いかもしれません。
また、節税等をお考えでしたら駐車場経営よりアパート経営の方が向いてると思います。

  • 次へ
  • 次へ
  • もどる
  • 結果を見る
  • もどる

協力企業インタビュー

  • 東京セキスイハイムインタビュー
  • 大東建託インタビュー
  • 旭化成ホームズインタビュー
  • 株式会社MDIインタビュー
  • スカイコート株式会社インタビュー
  • 株式会社セレコーポレーションインタビュー
  • 土地活用に関する用語集