不動産相続

相続による土地建物の名義変更の方法

相続の手続きの一つに土地建物の名義変更があります。
ここではどのような流れで手続きするのか、また必要な書類など説明します。

img-191-1

話し合いと決め方

不幸にして身内の誰かが亡くなられた場合、その人が生前に所有していた財産は残された親族が受け継ぐことになります。その一連の手続きのことを相続といいますが、残された親族が受け継ぐことのできる財産は預貯金や現金だけではなく、株式などの有価証券や不動産なども含まれています。
もしも、残された親族がごく少数であった場合、遺産の相続に関しては、その取り分をめぐって争いが発生してしまう可能性は低いものと考えられます。しかし、遺産を受け取る権利を持った人が多数の場合には遺産の配分や取り分をめぐって争いに発展してしまう可能性が高くなってしまいます。
特に遺産として遺された財産が不動産のような複数の人たちの間で分配のしにくいものであったときには相続人たちが全員参加した上で遺産分割協議を行う必要があります。そのうえで誰が不動産を受け継ぐのかを十分に話し合っておく必要があります。

遺産分割協議書の作成

遺産分割協議では、相続人たちが一堂に会して話し合う必要があるということは前述したとおりですが、その際にはただ話し合いをするだけではなく、遺産分割協議の場でどのような話し合いが行われたかの記録を残しておくことが大事になってきます。
この遺産分割協議の内容を記録した書類のことを遺産分割協議書をよびますが、特にこれといった書き方というものは決まってはいません。ただし、相続人が全員で話し合った旨をしっかりと記載しておく必要があります。
また、どうしても遺産分割協議に参加できないという人がいた場合には、後日、遺産分割協議書を見せた上でその内容について承諾を貰うようにしなくてはなりません。さらに不動産が遺産として遺されていた場合には登記事項証明書を書き写しておくことも忘れないようにしましょう。

相続登記に必要な書類

不動産を相続することが決まったときには、その不動産の名義を変更する必要があります。この名義変更のことを相続登記といいますが、この手続きをしなかった場合、不動産を売却しようとしても名義が変更されていない以上、それを売りに出すことはできません。
不動産の名義の変更には、亡くなった人の戸籍謄本、亡くなった人の住民票の除票、相続人全員の印鑑証明書、相続人全員の住民票、不動産の固定資産評価証明書、不動産の全部事項証明書、遺産分割協議書を用意する必要があります。また、亡くなられた人の戸籍謄本については出生から死亡時までのすべてを用意しなくてはなりません。この亡くなられた人の戸籍謄本をすべて集める作業は意外と手間が掛かるものです。そのため、時間的な都合がつきにくいときには行政書士へ依頼をしてみるのもひとつの手段となります。

  • 次へ
  • 次へ
  • もどる
  • 結果を見る
  • もどる