不動産相続

不動産相続に関する基礎知識

不動産を所有している方がなくなった時に、亡くなった方の不動産を子や配偶者に相続されます。
ここでは相続の基礎知識として、相続順位や相続割合について解説します。

img-192-1

相続とは

相続とは、人が亡くなった時に、その人(=被相続人)の財産を子どもや配偶者といった、一定の関係にあたる人(=相続人)が受け継ぐ、といった法律で定められたルールです。被相続人に属していた権利・義務・財産などが、相続人に継承されることを指します。現預金や土地・建物といった不動産相続から、貸金・売掛金など債権はもちろんのことですが、逆に借金や損害賠償債務といった負の財産も相続してしまうことは、基礎的な知識なので押さえておきましょう。ちなみに相続によって継承されないものは次の3つです。被相続人の一身に専属した個人的なもの、位牌や墳墓といった祭祀財産、生命保険・死亡退職金・遺族年金といった契約・法律に基づいて支払われるもの、これらは継承から除外されることも基礎的な知識として覚えておいて下さい。

相続順位とは

不動産相続においてのみならず、全ての相続に関して、相続人であれば誰にでも継承されるものではなく、当然優先順位というものが存在します。一番順位の高いものとしては配偶者です。夫が被相続人であれば妻が、逆に妻が被相続人であれば夫が常に優先されます。配偶者は常に相続の条件として最優位を満たしています。
そして、その次に順位の高い、民法で第一順位と称されているのが「子」です。息子・娘がこれにあたります。次に、第二順位とされているのが直系尊属と呼ばれる関係にあたる者です。曽祖父母・祖父母・親・子・孫・曽孫がこれにあたり、配偶者・子のいずれも存在していない場合はこういった血のつながりの強いものが優先されます。そして、第三順位として扱われているのが被相続人の兄弟姉妹となっています。

相続割合とは

遺産相続・不動産相続に関して、相続の順位があるのは先述の通りですが、それぞれの相続人がどんな割合で相続するか、という法律によって定められた相続分の割合も規定されています。それが相続割合です。
まず、相続するのが配偶者のみの場合、当然ながら配偶者は100%継承します。しかし、配偶者と子の2者で分ける場合、2分の1ずつとなりますが、配偶者は2分の1そのままですが、子が2人兄弟・3人兄弟となればその2分の1からさらに2等分・3等分することとなります。
次に、配偶者と父母で分けた場合だと、配偶者が3分の2、父母ふたりで3分の1となります。父母の間で等分した場合、6分の1ずつとなります。
そして、配偶者と兄弟姉妹で分けるとなると、配偶者が4分の3、兄弟姉妹が4分の1となり、更に配偶者への割合が多くなります。

  • 次へ
  • 次へ
  • もどる
  • 結果を見る
  • もどる