不動産相続

現金相続と不動産相続の節税効果の違い

財産を相続する場合、現金相続と不動産相続で節税効果に違いがあるのでしょうか?
ここでは相続に備え、節税対策の方法を紹介しています。

img-193-1

リフォームの節税効果

相続税の節税効果のある方法にはいくつかの手法がありますが、その代表的な存在なのが被相続人がまだ存命のうちに相続人に対して現金を贈与していく方法です、たしかにこの方法では年間110万円までの非課税枠を利用することによって効率よく被相続人の財産を相続人の元へ移していくことが可能ですが、この方法では被相続人側にはメリットがありません。そこで注目されているのがリフォームによる相続税対策です。
現金相続では相続人が受け取った財産のすべてが相続税の対象になってしまいます。そのため、現金相続ではなく、現金を不動産に変換してしまうのです。
リフォームにはまとまった金額の費用が必要になってきますが、現金として所有している資産をリフォーム費用として費やすことで現金の相続税評価額を下げることができ、その結果としてかなりの節税効果を期待することができるようになるのです。

「現金」と「不動産」の相続税評価額の違い

もしも、相続が発生した場合、相続人が受け取ることができるのは預貯金や現金だけではありません。不動産や株式なども相続の対象となります。しかし、相続人が受け取った財産に関しては相続人が受け取った財産の種類によってそれぞれ評価額が違っています。特に現金として財産を受け取った場合には、その評価額は100%となります。それに対して不動産を相続した場合にはその評価額は土地は路線価で算出されるので時価の約80%、建物は固定資産税評価額で算出されるので時価の約40%となっており、現金を相続したときと比べて不動産を相続したときの方が課税される相続税の額は大幅に低いものとなります。そのため、相続の際には可能な限り現金ではなく、不動産として財産を相続する方が節税効果を高めることができるようになります。

現金、預貯金、有価証券などの金融資産を不動産変換

現金や預貯金、有価証券などの資産は、相続が発生した際には相続人同士で分割しやすいため、その点では非常に使い勝手のいい資産ではありますが、前述したように現金などの資産に関しては相続税の評価額は100%となってしまうため、現金相続をしては相続税が余計に課税されることになります。
そのため、現金として相続財産を残すのではなく、古くなった自宅などをリフォームすれば節税効果を期待することができます。リフォームをすることで現金としての資産を減らすことで評価額を下げることができるからです。
リフォームにはある程度のまとまった費用が掛かってしまいますが、古くなってしまった自宅などを新築同様に生まれ変わらせることができるので、節税対策をしながら同時にこれからの暮らしをより過ごしやすい環境に作り直すことができるのです。

  • 次へ
  • 次へ
  • もどる
  • 結果を見る
  • もどる