お役立ち情報

事業収益を重視する

相続税や固定資産税対策のためだけでなく、賃貸経営での収益性を重視し、利益を出すための方法を考えます。

img-26-1

アパート・マンション経営=事業と捉え、利益を重視する

従来、アパート・マンション建築といえば、地主の方が相続税対策・固定資産税対策のために行うものでした。
つまり、所有している土地の相続税や固定資産税の課税を軽減し、財産を後世に残す手段として賃貸住宅経営を行っていたケースが多く見受けられました。
当時、賃貸住宅経営は税金対策という側面が強く、その収益性についてはあまり重視されていませんでした。

しかし、現代の利益を重視した賃貸経営では、いかに収益性高めるかを重視する必要があります。
現代における賃貸住宅のオーナーとは、ビジネスオーナー、つまり会社経営と似た視点でキャッシュ・フローを重視した経営を行う必要があります。
つまり、賃貸住宅から得られる家賃、即ち月々の売上と、管理費・ローン返済などのコストをバランスし、毎月コンスタントに利益が出るように経営をコントロールする必要があるのです。

損益と資金繰りの見通しを立てる

アパート・マンションを持つことは、立派な事業であり経営です。
毎月の家賃収入から、費用がいくらかかり、利益がいくら出るのかをシミュレートしなければなりません。
損益のシミュレートを行うためには、以下の点を明らかにします。

  • (1) アパート・マンションの建築費用が、いくらかかるのか。
  • (2) 建築費用・土地の取得費用は自己資金か、ローンを利用するか。
  • (3) ローンの場合の返済計画(利率、返済年数など)
  • (4) 敷金・礼金・毎月の家賃収入の見込みはいくらか。
  • (5) 管理費、修繕費、税金、光熱費などの諸経費が、いくらかかるのか。
  • 次へ
  • 次へ
  • もどる
  • 結果を見る
  • もどる