お役立ち情報

ペット共生型賃貸マンション経営のメリット

ペット可の賃貸物件を建てることも入居率が上がる可能性があります。
特に首都圏ではペット可の物件が供給不足と言われています。
ここではペット共生型賃貸のメリットと建築する際のポイントを解説します。

img-183-1

供給不足のペット可共生型賃貸

今日のように、年々ペットと生活を共にする人々が増えている現代においても、ペット共生型賃貸アパートやマンションの普及率は非常に低いといえます。
小鳥や金魚、小型の亀などは別として、犬や猫などの四足の可愛いペットとの生活を楽しむためには、以前から庭付き一戸建て住宅に住むことが必須条件でしたが、それは今も殆ど変わらない状況です。
毎日の生活を優しく癒やしてくれるペットを飼いたいけれど、庭付きの一戸建てを買ったり、建てたりすることが出来ない人は大勢います。
そのような状況から、今ではペットとの共生型賃貸住宅の需要は、うなぎのぼりといっても過言ではありません。
しかし一般の、人間だけが生活する賃貸住宅と違って、ペット可の共生型賃貸物件が供給不足になっているのには当然理由があります。

ペット共生型賃貸の特徴

ペット可の賃貸アパートやマンションには、しごく当たり前のことですが、人間だけが生活する賃貸住宅とは全く異なった特徴が必要となります。
ペットを犬や猫だけに限定した場合でも、同じフロアの隣り合った部屋で、犬や猫が一緒に生活できるのか、一つのマンションでそれぞれの違いに対応できるのか、ペットを飼っている人と飼っていない人の生活の区別はどうするのかなど、考えなければならないことはたくさんあります。
そして、その一つ一つを検討しながら賃貸マンションの経営方針を考えなければなりません。
ペットならなんでもOKというわけには行きませんので、そこにはペットの種類や大きさなどの制限も考えなければならないでしょう。
しかし、ペット共生型マンションの不足による需要の大きさは、その経営を考える上でもとても魅力的なことなのです。

ペット共生型賃貸の建築

例えば犬を飼うことができる賃貸マンションを建てるとしましょう。
犬が走っても滑りにくく、傷つきにくいフローリング用の資材や、消臭効果のある素材の違ったカーペットも増えています。
そのように犬との共生生活に適した建築資材を使うことで、賃貸であっても、ペットの受け入れがとても容易になるのです。
一方猫の場合は、絶対不可欠な爪研ぎ用の柱を用意し、高いところへ登り易くする室内のデザインを考えることが必要でしょう。
どちらにしても、建築の段階からペット受け入れの共生型賃貸マンションの経営を企画するのですから、今後も大きな需要が見込めるだけに、経営は順調に進むことでしょう。
ただし、そのメリットを最大限に活かすためには、どの業者に設計施工を任せれば良いのか、多くの選択肢の中から安全に選べることが重要です。

  • 次へ
  • 次へ
  • もどる
  • 結果を見る
  • もどる