賃貸経営の基礎知識

土地活用の仕組みを理解しよう

土地を所有している方は、土地活用を検討しましょう。
ここでは更地のままにしておくリスクを解説し、よくおこなわれている賃貸経営の種類を紹介しています。

img-1-1

更地のままでは、リスクしかない!

土地を活用せずにそのままの状態でいるのは、なんのリスクもないと、考える方もいるのではないでしょうか。ですが、それは全く違うのです。

土地活用は安定収入を手に入れる第一歩!?

土地や建物には、固定資産税が課税されるのはご存知ですね。それは、活用していない更地でもこの固定資産税は発生してしまうのです。
なにも活用していないのに、その土地の固定資産税を払うというのは勿体ないと思いませんか。更地のままにするよりも、活用して納税資金を作ったり、将来を考えて、老後のために安定収入を手に入れたほうがとても効率がいいと思いませんか。

自分に合った土地活用をしよう!

そもそも土地活用とは、様々な種類があることはご存知でしょうか。
たとえば、アパート・マンションを建てて経営をする方法や他にも駐車場経営や商業施設の設置、高齢者向け住宅など。今では戸建賃貸という方法も流行っています。
その土地の形状によって可能な土地の活用方法が変わってくるので、しっかりと自分にあった土地活用をしましょう。

土地活用の目的ってなに?

土地活用をするのには、一人ひとり目的が違いますよね。まず、第一歩として自分がなんのために土地を活用するのかをしっかりと把握しましょう。例えば、「相続税などの納税資金を作りたい。」「老後の安定収入のため。」または、「財産の確保。」これは、主収入なのか副収入なのか。また、短期的に収入がほしいのか、長期的に考えているのか。一丸に目的と言っても単純なものではないことがわかります。しっかりと自分の目的を明確にし、何を優先的に進めるべきなのかを考えてみましょう。

節税をしたい!

相続など税金面のことで土地活用を考えている方は、更地や遊休地に居住用の賃貸建物を建てることで、固定資産税などといったものを軽減することができます。最近の経済状況を考えると更なる増税など税金面を視野に入れていかないとと思う方もいらっしゃると思います。そこで、少しでも節税対策をしようと考える方も増えてきた傾向があります。
もし、これが更地の場合だと、評価額の軽減を受けることができないので、税金は変わらずに高いままとなってしまいますので、気を付けてください。

老後のために土地活用をしよう!

老後の安定収入を目的として考えている方。これは、誰しもが一度は考えることだと思いますが、自分たちは十分な年金をもらうことはできるのだろうか。その心配から土地を活用し、第3の年金として考える方もいらっしゃいます。

将来のために財産を確保しよう!

財産の確保を目的としている方。財産の確保としては、様々な方法がありますが、この土地活用も財産として残すことが可能なのです。また、この方法だと価値が下がることなく、次の世代へ残すことが可能なのです。また、すでに活用していれば次の世代に負担がなく継承することができるのです。

プチまとめ

最初にもお伝えしましたが目的は人それぞれあります。自分たちにあった目的を見据えて最善な土地活用方法を考えていきましょう。

土地活用までの流れ

自分の土地活用の目的が明確になっていたら、次は土地活用方法を考えていきましょう。
土地活用方法は、大きく分けて6つあります。
(1)アパート経営
(2)マンション経営
(3)戸建経営
(4)高齢者向け住宅
(5)駐車場経営
(6)商業施設
これが主な土地活用方法です。
この中から自分に合った土地活用方法を探すには、少し大変かもしれませんがなるべく多くの企業から話を聞くことをお勧めします。初めから1社に絞ってしまうと、自分に合っている土地活用なのか比べることができません。決めつけてしまわずに、しっかりと比べて考えていきましょう

活用方法が決まったら?

活用方法が決定したとしましょう。その次に考えるのは、活用する土地の立地などによる制約条件を確認しましょう。その確認が取れていない状態で、進めてしまうと考えていた土地活用ができない。という事態が起きてしまいます。こういったことは、しっかりと下調べをし、周りにも同意を得てから進めていきましょう

プチまとめ

すべてのプランを比較し、自分に最もあっている土地活用プランを見つけたらそのプランを提示した不動産会社に詳しい話を聞き、更なる条件やスケジュールを決め、土地活用を進めていきましょう。

土地活用をする時の注意点

まず土地を活用する周りの地域状況を調べておきましょう。その周辺には、一体どんな建物が建っているのか。どんな人が多いのか。
例えば、近くに大学があるのであれば、学生向けアパートを建てたりすれば需要は大幅にあると考えることができます。このように、しっかりと周りの地域状況を調べておきましょう。
その立地に全くそぐわない土地活用をしてしまったら、残すものも残せず、苦労してしまうことになります。また、アパートやマンションを建てるとなれば、その周辺では、どんな賃貸物件が人気を集めているのか、周辺の相場はいくらなのか。そういったことも調べておきましょう。

今の資金で大丈夫!?

資金についてです。自分が考えている土地活用は、今の資金で補えるのかということも心配になる要因の一つです。融資を受けようと考えても、返済能力や担保能力、また保証人というのにも色んな制限があるというのはご存知でしょうか。
自分がどのくらいの資金を融資してもらえるのか、その資金の範囲内での土地活用を考えましょう。

まとめ

自分の持っている土地が更地のままになっているのであれば、土地を活用するということを考えてみましょう。更地のまま持っていても、ただただ、税金を無駄に払ってしまっているということになりかねません。
土地を活用するということになったら、自分の目的を明確にしましょう。それは、納税資金の対策のためなのか、老後のためなのか、財産確保のためなのか。土地を活用する目的が明確になったら、一社のみならず、複数の企業からプランの資料を貰いましょう。一社だけでは、本当に自分に合ったプランなのか比較することができません。できる限り、いろんなプランを考えましょう。
プランが決定したら、そのプランの詳細やスケジュールについて話していきましょう。
そして、しっかりと周りとも相談することが大切です。
注意点としては、しっかりと周りの立地条件を把握し、その地域にあった土地活用をしていきましょう。しっかりと下調べをすることが全てにおいて大切です。

  • 次へ
  • 次へ
  • もどる
  • 結果を見る
  • もどる