賃貸経営の準備

はじめての賃貸経営

賃貸経営は約80%が個人が副業で行っています。
不動産会社や管理会社をうまく利用することによって専門家でなくても始めることができます。
まずは何から始めればいいかの見ていきましょう。

img-22-1

賃貸経営は、不動産の専門家・資産家でなくても可能。賃貸経営の約80%が副業です。

賃貸アパート・マンション経営は一部の専門家、資産家だけが行うものとお考えですか?
賃貸経営、不動産投資というと、どうしても専門家でないと手を出しにくいように感じますが、個人で賃貸経営をしている方の約80%が副業として賃貸経営を行っています。
アパート経営、マンション経営が初めての方でも、専門の不動産会社・管理会社の入居者の募集・物件管理などを任せることによって、月々の賃料を受け取るだけのような手軽さで賃貸経営を行うことができます。
このページでは、初心者の方が賃貸経営を始めるための方法をご紹介していきます。

まずはどこから手をつければ良いの?まずは賃貸経営専門の不動産会社に相談しましょう

賃貸経営が初めての方も、そうでない人にとっても、必ず必要になるのが物件の建築会社もしくは仲介会社です。
また、多くの方が、建築後の物件の管理、入居者の募集、集金などを専門の会社に委託しています。
アパート経営・マンション経営はビジネスですから、ちゃんと常に黒字になるように、30年以上の長期にわたる、綿密な収支予測をしなければなりません。
また、賃貸経営をはじめるにあたっての資金調達も必要です。まずは賃貸経営専門の不動産会社に相談することをおすすめします。

アパート・マンションをローンで取得して、賃貸収入で返済をまかなうのが一般的

資産を持っていない方が、土地や建物などの購入資金を準備することは大変困難です。
賃貸経営を行う方の多くが、銀行の住宅ローン・アパートローンを利用します。
月々の家賃収入-銀行へのローン返済額-管理費・修繕費などが毎月の収入となります。
資金を全額ローンで賄うのは融資が難しいため、通常は頭金を準備した上でローンを組むことになります。

ローン返済のリスクを避けるには?「空室リスク」を「家賃保証」で回避!

ローンを組んで物件を取得した場合、どうしても家賃の滞納や、入居者が集まらず空室になるなどの理由で返済が困難になるのではないか?という心配があります。
最近では「家賃保障・サブリース」という形態で、不動産管理会社がオーナーの物件を借り上げて、運用を代わりに行い、オーナーは空室の有無にかかわらず、毎月一定の収入を得られる仕組みもありますので、これを積極的に利用することにより、リスクを最小限に抑えることができます。

物件の築年数と修繕・リフォーム

アパート・マンションは新築に近いほど入居者の人気も高く、築年数が経過するに従って空室リスクも上がっていきます。
従って、物件の定期的なメンテナンスが必須となります。
建築会社、管理会社協力のもと、あらかじめ修繕・リフォームに必要な代金を長期計画の中に組み込んでおくことにより、20年・30年と経過した後でも入居率を下げずに運用することが可能です。

  • 次へ
  • 次へ
  • もどる
  • 結果を見る
  • もどる