不動産投資

不動産投資に関するリスクヘッジ

不動産投資の失敗を避けるために、よくあるリスクの対策について解説します。
空室対策や金利上昇、また物件事態のリスクについて対策を考えます。

img-178-1

マンションの空室対策

不動産投資のマンション経営の問題点は入居者が入らなくて空室が出来ることです。空室のままだと家賃収入が入らなくてマンション経営が成り立たなくなります。それで空室対策として、まず立地の良い条件のマンションを選び、外見もきれいで入居者が入りやすいマンションの部屋を買います。そして内装をきれいにして設備も新しくして魅力的なマンションにして、部屋を探している人に選んでもらえるようにします。他にも空室対策として複数の不動産屋に入居者の募集を依頼します。マンション一棟を購入の場合は管理会社にも入居者を集めてもらい、一部屋も空室が出来ないようにします。さらに入った入居者が出ていかないようにマンションの管理をきちんとして快適なマンションにします。

金利上昇への備え

不動産投資のリスクとして金利上昇が有ります。金利が上がればその分経費が増えることになりますから、金利が上がるとマンション経営が苦しくなります。それで金利上昇の対策として、頭金を多くして借入総額を減らします。借入総額が減れば金利が上昇しても金利負担があまり増えなくなります。それか変動金利で借りないで固定金利で借ります。固定金利で借りれば、市場金利が上昇しても貸出金利は固定されたままですから、金利上昇は関係ないです。ただ固定金利は返済期間が短くなって、毎月の返済額が変動金利よりも多くなりますから、頭金を多くして借入総額を減らすか、初めは変動金利で借りて、ある程度返済が終わって金利が上昇しそうになったら借り換えて固定金利にします。

土地・建物の安全性について

不動産投資で一番のリスクは地震による建物の損壊です。地震で建物が損壊すれば、保有する建物の資産価値がゼロになるだけでなく損壊した建物の解体費用も出さなければならないです。資産が無くなるだけでなく解体費用まで出さなければならないから、かなりのダメージです。この地震による建物の損壊を防ぐ方法は無いです。だから対策としては地震が起こらないような場所で、物件を購入または建設してマンション経営を始めることです。それでもたった1回起こっただけで建物が損壊してダメージを受けますから、建物が耐震性のマンションを買うか建てるかです。建物が耐震基準を満たしている安全性の高い物件だけを選んで購入して、地震の被害に遭わないようにします。そして地震保険に加入して、地震に合った時は地震保険で被害をある程度カバーします。ただ地震保険は火災保険の最大50%で建物で最大5000万円までしか受け取れないので、すべてをカバーは出来ません。

  • 次へ
  • 次へ
  • もどる
  • 結果を見る
  • もどる