住友不動産株式会社のアパート経営・土地活用プラン

先進都市型アパートメントのご提案で
安心の土地活用をサポートします。

アーバンテイストの素材を贅沢に使用した、先進の外観デザイン。
既成概念にとらわれない、入居者に選ばれ続ける空間デザイン。
そして、賃貸経営におけるライフサイクルコストまでもを考えた、確かなご提案。様々な不動産開発を手掛けてきた総合ディベロッパー 住友不動産が、土地のポテンシャルを最大限に活かす自由設計で、従来のアパートのイメージを一新し、付加価値を高め、将来にわたって安心の賃貸経営が可能な、都市型アパートメントをご提案します。

得意な建築プラン

  • アパートマンション
  • 戸建賃貸
  • 賃貸併用住宅
  • 高齢者向け施設
  • 駐車場
  • 商業施設

賃貸経営ナビゲーション
スタッフコメント

将来、仕事をリタイアした後の収入を考えときに、土地活用として賃貸経営を検討された方も多いのではないでしょうか?賃貸経営やアパート経営の魅力は、物件を所有しているのであれば、家賃収入を得られるところにありますが、10年や20年といった長いスパンを見越した時に、どのように経営をしていくかを考えることが大切です。住友不動産は、過去に大規模な再開発やオフィスビル、賃貸マンション、宿泊施設などの経営を手掛けてきた莫大な建築実績があり魅力ですね。その実績の中で培ってきた、賃貸経営や建築を軌道に乗せるためのノウハウや、より長期的で安定した収入を得るためのコツなどをオーナーに提供することが可能なため、管理会社として住友不動産を選択することも検討していただきたいと思います。
住友不動産のアパート経営や土地活用には大きな特徴があり、従来のアパートのイメージを一新した、ただ単に寝る場所を確保するための空間ではなく、それぞれが所有している土地を最大限に生かせるような、自由設計を取り入れています。このため、物件に付加価値をつけることができ、入居希望者にとってより魅力的な物件となるため、賃貸住宅の激戦区といわれているような地区でも、人気を集め、賃貸収入や入居率を高めることができるのではないでしょうか。都市型タイプのスタイリッシュなアパート経営やマンション経営を目指しているのであれば、住友不動産はおすすめすることができます。

  • 次へ
  • 次へ
  • もどる
  • 結果を見る
  • もどる

10年20年先も安定した収益確保が可能だと思いますか?

2×4工法の魅力

住友不動産の賃貸住宅実例

所在地 東京都新宿区西新宿二丁目4番1号 新宿NSビル
資本金 122,805百万円 (平成21年3月31日現在)
代表者 代表取締役社長 仁島 浩順
事業内容 ビルの開発・賃貸/マンション・戸建住宅の開発・分譲/宅地の造成・分譲
海外不動産の開発・分譲・賃貸/建築土木工事の請負・設計・監理
不動産の売買・仲介・鑑定 ほか

賃貸経営事例

協力企業インタビュー

  • 東京セキスイハイムインタビュー
  • 大東建託インタビュー
  • 旭化成ホームズインタビュー
  • 株式会社MDIインタビュー
  • スカイコート株式会社インタビュー
  • 株式会社セレコーポレーションインタビュー
  • 土地活用に関する用語集