賃貸併用住宅の基礎知識

賃貸併用住宅として入居者との共生を考える

賃貸併用住宅を建てる際は自宅部分と賃貸部分でプライバシーを守られるか、騒音問題など通常の住宅とは異なる問題が出てきます。
ここでは入居者と共生するためにあらかじめ考えておくべき対策などを解説します。

img-167-1

設計から快適性を考える

賃貸併用住宅を作る場合、賃貸部分とオーナーの住居部分とは完全に棲み分けできるように設計しなければいけません。
賃貸併用住宅の場合通常の暮らしやすさの他にもプライバシーを重視しなければ快適性を満たせないからです。
ですので例えば出来るだけ入居者とオーナー家族は顔を頻繁に合わせなくてもいいような設計にするほうがいいでしょう、窓や玄関の位置もそれぞれ別々の場所に設置し、出入りがお互いにわからないようにすることが大事です。
また入居者との棲み分けをしやすいようにフロアごとに区切るのも方法です。これでしたら玄関の出入りを見られる事は有りません。
入居者はどれだけプライバシーが守られるかを重視しますので必ずお互いの住み分けはしっかり行わなければいけません。

音の問題と解決方法

同じ建物中で他人と同居しますとどうしても騒音の問題が出てきます。家族の間での騒音であればある程度は寛容に受け止められますが、他人の場合はそうも行きません。
ですので賃貸併用住宅を作る場合は共生をするためにも対策をするのがいいでしょう。
まず壁を厚くするのが方法です。通常のアパートやマンションと同じくらいに分厚くするといいでしょう。コンクリートの物件ですと遮音性が高くなります。
またフロアごとに住居を区切っている場合は上から下への音も気になるところです。フローリングですと音がする傾向があるので上の部分にはカーペットを敷き詰めるなどの工夫をするのもいいでしょう。
建物を工夫することにより音の問題は解決できます。

二世帯住宅を将来的に賃貸として貸すことも

賃貸併用住宅は将来的には二世帯住宅の賃貸として貸し出すこともできます。
賃貸併用住宅は元々他人同士で同じ建物内で暮らすことを目的として作られているものですのでそれぞれのプライバシーは守られています。住宅設備も共用のものがなくそれぞれが独立していますので気を使う事は有りません。それでいて同じ建物内ですのでいざとなれば頼れるなどのメリットもあるのです。
将来的に自分だけのマイホームが建設できるほどの預金が出来たときに賃貸併用住宅を二世帯住宅として貸し出せばその賃貸収入により新たなマイホームのローンの返済にも利用できます。以前自分が暮らしていた時よりも家賃収入は多くなります。
二世帯住宅は基本的に分譲物件が多く、賃貸ではあまり存在しません。だからこそ今の高齢化社会には需要がありますし経営もうまく行きやすくなります。
親子で二世帯で暮らしたい人のみならず友達同士で暮らしたい方や社会人の独身の子供さんのいる家庭もターゲットにするといいでしょう。

  • 次へ
  • 次へ
  • もどる
  • 結果を見る
  • もどる