賃貸併用住宅の基礎知識

住宅ローン破綻を回避する賃貸併用住宅

住宅ローンが支払えないと、購入した住宅を失うことになります。
自宅の一部を賃貸に出し、家賃収入をローンの返済に充てることでリスクを軽減できます。

img-168-1

住宅ローン破綻とは

住宅ローン破綻とは住宅ローンが支払えず、購入した住宅を競売などにかけられ失うことを指します。住宅ローンは長期的に利息と元本を分割で支払うものですが、リストラに遭う、事故や病気などで働けなくなるなどの事情でローンが支払えなくなることがあります。
通常ローンを契約する時には住宅を担保に入れているため、もしも債務者が支払えなくなるとローン会社はリスクを軽減するために担保となっている住宅を競売にかけるのです。
競売で売れた金額をローンの返済にあてますがそれでも全てのローンが支払えない場合は家を失った上に残債だけが残ることになり、賃貸で暮らしながら自分の家でもないローンを支払うという二重苦の生活を強いられることになります。

住宅ローン破綻と賃貸併用住宅の関係

住宅ローン破綻は決して他人事ではありません。長期返済をしていれば必ず不測の事態が起こる可能性があります。
しかし賃貸併用住宅を作れば破綻のリスクは軽減できるでしょう。
賃貸併用住宅とは一つの建物に自分の居住スペースと賃貸部分とを兼ね備える住宅の事を指します。
万が一事情があり仕事を失い収入が絶たれてしまったとしても、一家の大黒柱が亡くなったとしても賃貸収入によりローンの支払いができるのです。
ただ、単なる自分の家だけを建設する場合とは違い賃貸併用住宅の場合は建設のコストがかかりますのでローンの返済の負担も大きくなります。リスクヘッジにはなりますが、大きな借金を抱えること知った上で賃貸併用住宅を建設しなければいけません。

住宅ローンで不動産投資ができる

賃貸併用住宅のメリットはローン破綻のリスクを軽減できることにありますが、その他にも住宅ローンによって不動産投資ができるのが魅力と言えます。
単に賃貸用の住宅を建設する場合は住宅ローンを組むことが出来ず、住宅ローン減税を受けられなくなります、固定資産税も多くなりますし、将来的に売却する場合でも税金が多くなる可能性もあります。
その点併用住宅の場合でしたら自分の住居も兼ね備えているため住宅ローンが利用でき、それに伴う税制面のメリットも受けられ、それでいて不動産投資もできるため一石二鳥です。
全てのローンを支払い終えた後には賃貸収入が丸々入ってきますし定年後の老後の資金を調達するのにも利用できます。
もし賃貸経営を辞めたいなら売ることも可能です。その時にはまとまった金銭が入ってくることでしょう。
親から譲り受けた土地がある場合は建設費用の負担しかありませんし土地活用の一環として利用してみるのもいいでしょう。

  • 次へ
  • 次へ
  • もどる
  • 結果を見る
  • もどる