賃貸併用住宅の募集と管理

リフォームで稼げるマイホームを作る!

自宅の一部を貸し出して家賃収入を得る賃貸併用住宅。ここでは自宅をリフォームする際に賃貸併用住宅にすることを検討します。

img-172-1

リフォームでできる住宅の活用例

リフォームを検討している際には賃貸併用住宅を候補に入れてみるのも良いかもしれません。
賃貸併用住宅とは住居部分と、そして賃貸として貸し出す住居を併せ持っている物件の事です。賃貸用の住居は人に貸す事ができますので、それによって家賃収入を得る事ができるのです。そして家賃収入を得る事で、リフォームに掛かった費用の返済も楽に行う事ができます。もちろん返済が完了した後は純粋な収入として得る事ができますので、リフォームをきっかけに稼げるマイホームにする事ができるのです。
中には老後の保険のような形で賃貸併用住宅にするようなケースもありますし、成功例も沢山ありますのでリフォームの際には検討してみる価値があるのではないでしょうか。

賃貸併用住宅と二世帯住宅の違い

賃貸併用住宅は二世帯住宅のように感じるものですが、両者はどのように異なるのでしょうか。
基本的には変わらないと言えるのかもしれません。そもそも賃貸併用住宅は、一生賃貸用として利用する必要はありません。例えばもし子供世帯などと一緒に暮らしたいという時には、賃貸部分を子供世帯の住居用として利用する事ができますので、完全に普通の二世帯住宅にする事も可能です。
反対に子供世帯の独立などで住居に空きが出た場合は賃貸用として貸し出す事もできますので、ライフスタイルに合わせて住まいの利用方法を変えていく事ができるのです。
上手に活用すれば非常に意義のある住宅ですので、リフォームをきっかけに賃貸併用住宅にするケースも増えています。

賃貸併用住宅でプライバシーを守るためのポイント

賃貸併用住宅にした場合、時には他人を住まわせる事になりますので、プライバシーの面が気になってしまうのではないでしょうか。
その点は工夫次第で対策する事も十分に可能です。
例えば玄関を離して作る事もできます。入居者とあまり接触したくない場合、玄関でばったり会うような事も避けたいものですが、玄関の位置に工夫をする事によってプライバシーを守る事ができます。
生活音の面でも工夫できる部分が沢山あるのですが、まず一般的な二世帯住宅以上に防音材を有効活用します。それによってお互いに音が漏れてしまう事を軽減する事ができますので、生活音に悩まされてしまう事も少なくなると言えます。
また、リビングなどのメインで生活する部屋を離して作る事も可能です。生活の主体となるスペースを離す事で音による悩みを抱え難くなります。
プライバシーの面は非常に重要なポイントになるという事もあり、通常は設計の段階で綿密に考えられますので、それほど心配せずとも良いかもしれません。賃貸併用住宅をお考えの方は「イエカレ」で優良業者に問合せできますので、ぜひご利用してみてください。

  • 次へ
  • 次へ
  • もどる
  • 結果を見る
  • もどる