賃貸併用住宅のリスクとその対策

賃貸併用住宅経営のリスクと対策

賃貸経営にはリスクが必ず存在します。
ここでは賃貸併用住宅で特に注意すべきリスクを説明し、その対策について考えます。

img-173-1

空室発生のリスク

賃貸併用住宅にした場合、当然の事ながら必ずしも空室が埋まるとも限りません。一般的なアパートやマンション、借家などと変わりませんので、空室のリスクは必ず存在します。
その為、家賃収入を検討してる際にも上手く機能せず、建設に掛かった費用などの返済に悩まされる可能性も否定できません。
そのようなリスクを軽減する為のポイントがありますが、例えば立地を良く検討してみたり、地域の需要や供給、家賃相場をチェックするなど、綿密な情報集めをする事です。
そして賃貸併用住宅を建設する際のサポートをしてくれる業者選びも重要です。いかに成功できる住宅を建設できるかはどの業者と契約するのかも重要になりますので、賃貸併用住宅に於いて実績のある業者を選ぶ必要があります。

賃貸併用住宅での賃貸経営をお考えの方は以下のサイトで専門業者に問い合わせることができますのでぜひご利用してみてください。

借り主との関係によるストレス

無事に入居者が決まり生活を開始する事になった際、もしかしたら借り主との関係によるストレスを感じるかもしれません。挨拶をしてくれない、生活音がうるさい、丁寧に住んでくれないなどなど、一つ屋根の下で暮らすゆえに余計に気になってしまう可能性もあります。
家賃を支払って借りてもらっている以上、お客様という部分もありますので、ある程度の我慢は必要になるかもしれません。ただストレスを抱えながらの生活はやはり避けたいものですので、そのようなストレスを感じないように対策をする事も大切です。例えば防音性に力を入れた作りにする、入居希望者をよく吟味するなど、工夫を重ねる事で双方にとって快適な住まいを作る事もできます。

サブリースや差別化などの見直しを

空室への対策方法としてはサブリースがありますが、これは賃貸物件を保証会社などがオーナーから一括で借り上げるシステムの事です。そして保証会社は入居者に転貸しますが、契約の上では保証会社に貸している事になるので、空室は関係なく一定の収入を得る事が可能なのです。いわば家賃保証であり、空室リスクへの対策として有効とされています。
差別化を図るのも対策方法の一つです。なぜ入居希望者が集まらないのかと言えば、理由の一つとして物件に魅力がないからかもしれません。特に周辺にその他にも物件があり、そちらの方が魅力的なら部屋探している方を取られてしまう可能性もあります。
通常はプラン作成の段階で周辺の需要などを吟味しますので低いリスクで開始できますが、考えもなしに建設したり、需要を読み間違えてしまうとリスクが高まります。
そういった失敗を避ける為にもプランを考える際には差別化を意識した住宅作りをする事が大切ですし、建設後にも、時には家賃を下げたりリフォームをするなどの工夫も必要です。

  • 次へ
  • 次へ
  • もどる
  • 結果を見る
  • もどる