戸建賃貸の収支計画・利回り

戸建て賃貸の高い収益性について

戸建賃貸経営の魅力は高い収益性です。ここでは収益性が高い理由について学び、賃貸経営のリスクを減らすための方法を考えます。

img-162-1

融資や空室リスクが最小限

戸建て賃貸は、マンションやアパートといった集合住宅の賃貸と比べて融資の必要性が非常に少ないのです。その最も大きな理由は、不動産の取得コストが安く済むためです。土地を所有していたとしても、集合住宅の建物を建築するには数千万円の費用が掛かるため融資を受ける必要がありますが、戸建て賃貸ならば1000万円程度で十分に入居が期待できる物件を建てることが可能です。
また、集合住宅のように空室に悩まされることもありません。戸建て住宅は需要に対して供給が少ないのが現状です。そのため、入居者がすぐに決まる傾向があります。さらに、一度入居が決まれば長期間の契約となることが多いため、空室リスクを最小限に抑えられるのです。

安定した高利回り

不動産の取得コストが安く済むというメリットは、融資の必要性や初期費用の問題を解決するだけでなく、経営をしていくうえでの利回りにも直結します。利回りは、不動産の取得コストに対する年間を通じた家賃収益の割合で計算できます。つまり、不動産の建築費用や購入費用といった取得コストが低ければ低いほど利回りが高くなるのです。
さらに、戸建て賃貸の場合は集合住宅と比較して高い家賃を設定することが可能です。これは、需要に対して供給が少ないことに加え、戸建て住宅でしか味わえない自由な暮らしが加味されているからです。契約の期間も勘案すると、戸建て賃貸は継続して安定した高利回りを享受することが可能な不動産の経営形態といえるのです。

中古住宅として売る事ができる

不動産経営を行うにあたっては、経営から撤退する可能性も考えておく必要があります。経営が上手くいかない場合や、別の用途でどうしても資金が必要になった場合を考慮しておくのです。
所有する不動産が戸建て賃貸であれば、中古住宅として売ることが比較的容易に出来るのです。集合住宅の場合、前オーナーが手放そうとしている物件を、同じように賃貸物件として購入しようとする買い手を見つけることは難しく、中古住宅として売却しようとしても部屋ごとの売却になるため時間が掛かり、まとまった売却資金を得ることが出来なくなります。
しかし、戸建て賃貸物件であれば、賃貸物件として売却することが出来なくても一般的な中古住宅として売却できるので、流動性も低いことはなく早期の売却が期待できます。土地や建物の評価額が明確なので、適正価格で売却できるというメリットもあります。さらに、戸建て物件は取得コストが低いため、売却に際し収益が得られることもあるのです。

  • 次へ
  • 次へ
  • もどる
  • 結果を見る
  • もどる