戸建賃貸の収支計画・利回り

戸建て賃貸経営にかかる経費について

戸建賃貸経営の収支や利回りを増やすために、戸建賃貸にかかる経費について学びます。
ここでは税金や保険料、修繕費など賃貸経営をおこなう上で必要なお金の話題を取り扱います。

img-163-1

戸建賃貸にかかる経費”税金”

不動産投資、同じ意味として土地活用を行って、利益を得ることを目的にする方が存在しています。低金利時代を迎えており、投資方法としては注目されている内容になります。その中にはアパート経営やマンション経営、そして戸建て賃貸経営などの方法がメインとして用意されています。多くの家賃収入を得ることを目的とするものですが、戸建て賃貸の場合では基本的に1棟に1世帯が入居するために、戸数は少ないのですが、安定した収益を上げることも不可能ではありません。しかし、戸建て賃貸にかかる経費として所得税や住民税などの税金や、固定資産税や都市計画税などを支払う必要があることも基本になります。事業として行っている方のケースでは事業税も必要としているために、留意したい部分になります。

戸建賃貸にかかる経費”保険料”

戸建て賃貸の運営を開始する方の場合では、加入することがおすすめになる保険が用意されています。損害保険にも分類されているものになり、主に火災保険に加入しておくことによって、不遇の災害に備えることができます。この内容に関しては火事などが発生してしまった際に支払われる補償になりますが、戸建て賃貸の場合でも、いわゆるエコノミータイプではない限り、風害や雪害等の災害に対しても補償されることになるために、実質上として効果的な補償内容を持っていることになります。支払う金額に関しては目安として1年間で2万円程度のケースが多く、大きな負担額とはならない傾向にあります。実際に火災が発生しない場合でも、地域によっては雪害などが発生する可能性が高くなり、経費として支出することが望ましい項目になります。

戸建賃貸にかかる経費”修繕費”

不動産投資として戸建て賃貸などの物件を所有された方の場合では、将来的な部分についても常に見据えることが大切になります。物件に関しては特に木造住宅ならば、ある程度の築年数が経過してしまった場合では、劣化してしまう箇所が増えていくことになります。一般的には修繕費として知られている内容ですが、この点を踏まえて家賃設定を行うことも基本とされています。しかし、オーナーにとっては時には外壁や屋根のリフォームなど、まとまった資金を必要とする事例もあるために、得ることのできた家賃収入に対しては、一定の修繕費用として保有しておくことによって、トラブルを最小限に抑制することができます。戸建て賃貸ならば、排水管や土台部分など、全ての部分においてオーナーが負担することが前提とされていることによって、負担額を事前に把握しておくことも必要です。老朽化してしまった場合では、入居者の確保が困難になったり、家賃を大幅に減額しなければならない場合もあり、常にメンテナンスを心掛けることも良い方法です。

  • 次へ
  • 次へ
  • もどる
  • 結果を見る
  • もどる