戸建賃貸の基礎知識

戸建て賃貸経営がサラリーマンの副業に向いている理由

サラリーマンが副業で賃貸経営を行うことがありますが、戸建賃貸の経営がなぜサラリーマンの副業に向いているか、またアパート経営やマンション経営と比べてどのようなメリットがあるかなど解説します。

img-155-1

専門知識が必要ではない

不動産投資の方法の中にはいくつかの項目に分かれていますが、その中には戸建て賃貸を建てることを行う方が存在しています。一般的に多い傾向にあるものとしては、アパート経営やマンション経営になりますが、戸建て賃貸の場合では専門知識をあまり必要としないメリットを得ることができます。その理由としては集合住宅の場合では、管理費や修繕積立費、管理組合等の細かい取り決めがあり、例えば補修を行うことを希望していても共用スペースならば独断で判断できない状態にあります。その一方で戸建て賃貸の場合では、全てが専有スペースとされていることによって、自由度というものを得ることもできます。専門知識に関して必要な部分は入居者の管理が主体となり、この点に関しては管理会社に委託することもできます。

低金利対策が可能であること

戸建て賃貸の中でも賃貸併用住宅というジャンルも用意されています。このような物件の場合では2015年現在では購入する際に必要とされる費用の金利を低く設定することができる環境が用意されており、1%未満の金利で利用することも可能です。いわゆる低金利対策につながる部分になりますが、例えば月々の支払いを低金利によって8万円程度に設定した場合でも、戸建て住宅ならば10万円程度の家賃で貸し出すことも不可能ではなく、状態によって変わりますが、ローンの支払額を家賃収入が上回ることによって、早期に回収を済ませることもできます。住宅の規模や立地条件によっても異なりますが、低金利対策を利用することによって、多くの利益を早期に生み出すことができます。

資産価値の向上につながる

副業として不動産運営を行っている方も増加傾向にあり、現在では一般的な会社員であってもマンション経営を始める方が増えていることも事実になります。そんな中、戸建て住宅を用意して賃貸住宅として貸し出す方も存在していますが、このケースでは建てる場所を見極めることがおすすめになります。基本としては資産価値を将来的に増やすことを目的にすることが大きな魅力になるために、購入時の費用を抑制しながらも、将来的には資産を増やすことのできる場所を選択することが最適になります。例えば建てた際には周囲の環境は静かで何も無いような状態であっても、近い将来に都市開発などが実施される予定を持っている場所も存在しています。このケースでは将来には資産価値を大きくすることができ、オーナー自らが居住する方法も残されているのですが、状態次第では売却を行って資産価値の高さを活用することもできます。不動産の場合では大きく価値が変動しないこともメリットになり、資産形成には効果的な一面を持っています。

  • 次へ
  • 次へ
  • もどる
  • 結果を見る
  • もどる