戸建賃貸の基礎知識

戸建賃貸の需要が高く人気がある理由とは?

戸建賃貸物件はアパートやマンションに比べて、入居者にとってのメリットがあります。
ここでは戸建てのメリットを理解し戸建賃貸の需要が高くなっている理由について、主な例をあげて説明します。

img-156-1

ペット飼育や庭を活用したい

賃貸マンションやアパートでは、なかなか叶わないのがペットの飼育です。マンションやアパートでも、ペット可の物件はたくさんありますが、ペットの鳴き声など騒音問題やニオイや毛や糞尿などの問題から、飼育数を制限されたり、小型のペットのみ可という物件がほとんどです。飼育に関する規約が厳しいために、やはり戸建住宅で自由に気兼ねなくペットを買いたいという借主が多いわけです。しかも、戸建ならではの庭がついている物件なら、ガーデニングや庭での作業や庭遊びといったことも自由にできるので、マンションやアパートにはないメリットになっています。マンションのバルコニーでは、避難経路という安全面や、虫やニオイといった衛生面からも、ガーデニングのような行為を禁止している物件が多いのが現状ですから、戸建て賃貸の需要が高くなっています。

駐車場問題

戸建て賃貸を選ぶ人の中には、駐車場付きの物件を探している借主も多いです。なぜなら、賃貸マンションなどの場合、車庫代は家賃と別途必要になってきますし、仮に車庫付き物件があっても、全世帯ブラジャーの車庫が確保されていない物件の場合は、空きがなければ他の場所に駐車場を借りなければならないからです。車庫付きの戸建て賃貸ならば、駐車場代は無料である場合がほとんどで、しかもドアトゥドアで車庫があるので、雨でも濡れずに車に乗れたり、大きな荷物を抱えて積み下ろしするのも、マンションのように部屋まで距離があったり、階段やエレベーターがあったりといった面倒がないため、とても利便性が高いことが、戸建のメリットであるわけです。

転勤族だが戸建てに住みたい

転勤族で家族帯同の場合には、小さい子供がいたりするので、意外にも戸建て賃貸を希望する人が多くなっています。子供がいる家庭が気にするのは、やはり近隣への騒音問題ですから、なるべく迷惑にならずに子供を伸び伸びと育てたいと考えた場合には、戸建住宅が最良なのです。子供が小さいうちは、駅前などの便利な立地よりも、暮らしやすさを優先に考える傾向があるので、静かな住宅街に居を構えて、落ち着いた暮らしを望む人が多いのです。繁華街に近い便利な立地より、周りに子持ち世帯が多い地域の方が、子供にとっても暮らしやすくて良い環境と言えますから、立地条件が悪くなりがちな戸建て賃貸でも、ファミリー層には需要が高いわけです。特に、様々な土地に移り住むことが多い転勤族は、目の肥えた借主であるだけでなく、会社からの住宅補助金が出る場合がほとんどなので、賃料を出し惜しみせずにより良い物件を選ぶことができるため、設備と環境の良い戸建て賃貸を選ぶことが多いのです。

  • 次へ
  • 次へ
  • もどる
  • 結果を見る
  • もどる