戸建賃貸の基礎知識

資金運用としての戸建て賃貸の魅力

戸建賃貸がアパートやマンションなどの投資物件とどのような違いがあるのでしょうか?
ここでは戸建物件の特徴を理解し、どのような人に向いているかを考えます。

img-157-1

戸建賃貸と他の投資物件との違い

不動産投資物件として用意できるものの中には、戸建て賃貸と賃貸アパート、そして賃貸マンションなどを挙げることができます。この内、戸建て賃貸については他の投資物件と異なる性質を持っているものになり、その旨を理解した上で活用することが望ましいことになります。マンション等の集合住宅の場合では、基本的には購入した1室のみの価格を考えることができますが、戸建て賃貸の場合では土地と建物について全ての部分を所有することになるために、大きな違いが生じていることになります。共用部分というものがなく、リフォームなどを行う際にも全ての範囲においてオーナーの意思によって決めることができるメリットを持っている反面、出費が多くなる傾向にもあります。

戸建賃貸の投資に向いているのはこんな人

戸建て賃貸を利用して投資物件として収益を上げることを希望している方が存在しています。マンションの1室を購入する投資方法と比較するならば、異なる条件が設定されていることになり、向いている方と向いていない方が存在しています。戸建て賃貸の運営に向いている方の場合では、自己所有している土地を持っている方が相応しいことになります。相続によって引き継いだ土地でも構いませんが、この点に関しては経費の問題が発生してしまう部分になり、投資用としては建物だけの経費によって運用する方法が得策になります。また、アパートなどの集合住宅では建てることのできる面積なども必要になりますが、戸建て賃貸の場合では比較的自由度というものがあり、所有している場所によって決めることも良い方法です。

中古の戸建て賃貸がおすすめできない理由

戸建て賃貸を運営する方の中には、中古物件を購入して賃貸用として貸し出すことを希望される方が存在しています。この点に関しては中古物件ならば安く入手することもでき、状態次第では効果的に資産活用を行うことができますが、戸建て住宅の場合ではその多くが木造住宅に設定されており、マンションなどと異なって共用部分を持ち合わせていないこともあり、修繕費用が多く掛かってしまうことがあります。いわゆる経年劣化というものが発生しやすい環境にあるために、中古物件の場合では老朽化によって維持管理を行うことが難しい状態に陥ってしまうケースも見られます。外壁や屋根などに対してもオーナーが全てリフォーム費用を負担することが基本となるために、対策としてはリフォームを格安で行うことのできる業者を知っていることや、オーナーが住宅建築に対しての知識や技術を持っていることによって、問題が解消される場合もあります。そのため、中古物件を利用するには、一定のまとまった資金を持っていることも必要とされる傾向にあります。

  • 次へ
  • 次へ
  • もどる
  • 結果を見る
  • もどる