戸建賃貸の税金の話

節税対策としての需要がある戸建て経営

賃貸経営の主な目的の一つに税金対策があります。
最近では戸建賃貸を行い節税をしている方が増えています。
ここでは相続税や固定資産税の仕組みを理解し、効果的な節税対策を考えます。

img-164-1

節税対策としての戸建て賃貸の需要について

近年では戸建て賃貸として土地活用を行う方が増えています。その背景には節税対策を行うことが可能とされている一面を持っており、家賃収入も得ることができることによって、多くのメリットが生まれることにあります。一般的には土地を所有している状態で、更地として何も使用していない状態では多くの固定資産税が必要とされてしまうことになります。しかし、戸建て賃貸を建てることによって、6分の1にまで固定資産税を下げることも可能になります。この時点で十分な節税効果を持っていることになりますが、都市計画税についても減額されることも一般的になるために、不動産投資の一つの方法としても需要が大きな投資法としても広く認知されるようになりました。

相続税対策

所有している土地を効果的に活用するための方法として、賃貸物件を用意する方法が用意されています。この方法を選択した場合では、一般的にはいくつかの節税効果を持っていることでも知られていますが、相続税対策用としても利用されている場面も多々見られます。単に土地や現金を相続した場合では、多くの相続税が発生してしまうことになりますが、土地の戸建て賃貸などを建てることによって、評価額を下げることができる効果を持っており、さらに敢えて借金をして戸建て賃貸を建てることによって、大きく減税させることも可能になります。土地などの不動産を所有されており、尚且つ一定の規模を有してる状態であれば節税を試みることによって、結果的に資産を増やすこともできます。

効果的な相続税対策方法

効果的な相続税対策方法というものが用意されています。土地などを所有されている方が主な対象となるものですが、戸建て賃貸や賃貸アパートなどを運営することによって、節税に役立つことは基本的な項目とされています。この方法では、土地の面積や建てる物件の規模によっても変わる一面を持っていますが、管理会社を設立する方法も用意されています。個人で運営しても十分な利益を確保することは可能になりますが、管理会社を運営し、掛かる経費を適正に処理を行う方法によって、例えば会社の社員として家族を指定している場合では、その給料に関しても経費として処理することが可能になるために、節税を行う効果の他にも十分な利益を確保することができます。小規模で開始した場合でも、後に物件数を増やしていく方法も用意されており、この点に関しては得ることのできる家賃収入によって決定することが望ましいことですが、利益が大きなものとなった場合では、その資金で新しい物件を用意することも効果的になります。

  • 次へ
  • 次へ
  • もどる
  • 結果を見る
  • もどる