マンション経営の収支計画

不動産投資としてのマンション・アパート経営

収支計画を立てる前に不動産投資としての目的やマンション経営がおすすめな理由などを説明しています。
ここでは収支計画を立てる前に、マンション経営の基礎知識を確認します。

img-145-1

不動産投資の目的は運用益へ

不動産投資でマンション経営をする際に、特に注目したいのがインカムゲインです。マンション経営で得られる収入として、家賃や駐車場などのほか、礼金や更新料を見込むことができる一方、管理費や火災保険、ローンに対する利息などの支出も組み込んでおく必要があります。これらの収支を利回りとして捉え、どの程度の運用益が期待できるのか、あらかじめ算定することが望まれます。
マンション経営の運用益の目安は、おおむね10%とされています。運用益は、ローンの返済にも影響してきますので、慎重に検討したいものです。運用益が10%に届かないときには、マンション室内の設備を簡素化したりして、再度、資金計画の見直しを行う方が安心できます。

マンション・アパート経営がおすすめな理由

近年、原材料価格の高騰などを背景として、物価が全体として上昇傾向にあります。不動産価格についても都市部では下げ止まりの傾向が見られます。都心に関しては下げ止まりから、上昇に転じているエリアも目立つようになりました。都心部では、外国人投資家による積極的な不動産投資も行われており、今後の動向が注目されています。
こうした状況の中、マンション経営を行うことで、今後、不動産価格が上昇してきたときに、キャピタルゲインが得られる可能性も期待することができます。預金を運用するだけでは資産の価値を大きく上げることが難しい情勢の中で、資産運用の有効な手段の一つとして、マンション・アパート経営をあげることができます。

信頼できる不動産会社をパートナーに

マンション経営を検討する際に、まず意識が向くのが物件の立地の魅力についてです。駅に近かったり、商業施設へのアクセスが良ければ、利便性の観点から、入居率を高める効果が期待できます。さらに、もう一つ気を付けたい点があります。「マンションは管理を買う」とされるほど、管理がマンションの質を左右するといわれています。良質な入居者を募るとともに、入居者にとって快適な維持管理を提供することで、マンションの価値を高め、入居率を高く維持することができます。近隣の不動産との比較の際にも、管理が行き届いた物件が選ばれる傾向にあります。
こうしたことから、マンション経営の際には、地域の賃貸事情に詳しく、親身に相談に乗ってもらえる不動産会社を見つけ、パートナーとすることが望まれます。信頼できる不動産会社で、土地選びをはじめ、入居者の募集、維持管理などについて、アドバイスを受けることができれば、長期的に安定した収入を見込むことができます。

  • 次へ
  • 次へ
  • もどる
  • 結果を見る
  • もどる