マンション経営の保険

マンション経営と災害リスクと保険について

地震や火災など不測の事態に備えて保険に加入します。
ここでは保険を選ぶ際のポイントなど解説します。
また家賃補償特約など万が一の時に備えるための付随する補償なども紹介します。

img-153-1

地震・火災保険を選ぶポイント

マンション経営を円滑に行うためには、補償制度を充実させることも大切な項目として挙げることができます。一般的にアパートを建てたりマンション経営のために物件を購入する際に加入する団体信用保険に関しては、オーナーがお亡くなりになった際に残債が無くなることになりますが、地震や火災などの災害に関しては適用外とされてしまうことによって、万が一トラブルが発生してしまった場合では、ローンだけが残ってしまうこともあります。この不具合を解消するには火災保険に加入することが必要になり、マンション経営を行っている方の多くが加入しているものになります。選ぶポイントとしては地震保険も合わせて加入できるものに設定し、家賃補償特約を加えることで多くの場面で役立つものになります。

保険金額を決める際のポイントとは

実際にマンション経営を行うことを希望しており、物件を見つけた方ならば、通常では火災保険に加入することが行われているものですが、保険金額を決定する際に効果的なポイントというものがあります。大切な部分として挙げることのできる項目の中には保険金額になります。保険金額に関しては物件の購入額ではなく、一般的には時価に対して決定することになり、80%以上の金額に設定することによって、火災などが発生してしまった際には実質上満額が支払われることがあり、損害を最小限に抑えることができます。別途加入する地震保険に関しては全壊、半壊、一部損壊の3つの分類によって補償額が算定されることが一般的になり、この点に関しては予め設定できない項目になります。

家賃補償特約について

火災保険の中には家財保険や地震保険など、付随する補償を持っていることでも知られていますが、マンション経営やアパート経営を行っているオーナーのケースでは、他にも家賃補償特約を付けることによって、安定した不動産運営を行うことが可能になります。例えば災害などが発生してしまい、修繕するまでの期間について入居者が物件を離れなければならない状況に陥ってしまった場合では、該当する期間に対しては家賃収入を得ることができません。建物の損害に関しては補償されることになりますが、不動産運営を行う上では家賃収入は欠かすことができない部分になります。そのため、家賃補償特約を付けておくことによって、本来であれば得ることのできた家賃を補償されることになるために、修理修繕を行って無事に物件を運営できるまでの期間を安定した収入を得ることに役立つ内容を持っています。物件のオーナーにとっては重要な項目とされており、地域性を見極めて利用することもおすすめになります。

  • 次へ
  • 次へ
  • もどる
  • 結果を見る
  • もどる