マンション経営の基礎知識

マンション経営の収支について

物件購入にかかる費用や手数料、ローンなどを考慮して収支計画を立てます。
ここでは入居率の予測や家賃設定など解説します。

img-139-1

収支計画の立て方

マンションの収支計画の立て方は、購入した時の価格と、不動産取引に必要な手数料や書類の提出にかかる料金などを全て加算したものを参考にするのが一般的で、マンション経営のリスクを少なくするためには綿密な収支計画を立てる必要があります。内訳としては不動産の登録免許税や書類の手続きを行う司法書士の手数料、印紙税、不動産取得税などがあり、これらは基本的にはどのような不動産取引でも徴収されるものなので、全ての購入者が負担をしなければなりません。またこの他にも減価償却費、マンションのローン利息などを収支計画に入れて計算をしなければならないので、マンション経営をする場合には専門知識の豊富な不動産業者などに依頼をする必要があります。また不動産業者によっては仲介手数料を支払わなければなりません。

入居率の予測をする

マンション経営をする場合には収去率などを把握してから取引を行うのが一般的となっていて、マンション経営をしたとしても入居率が低いままだと、ローンの支払など引くとマイナスになってしまう可能性もあります。入居率は交通アクセスや商店街、デパート、コンビニエンスストアなどに影響されることもあるのですが、一般的には職場に通うときのアクセスに便利かどうかや、子供がいる場合には小学校や中学校などが近くにあるのかも重要になります。若い子育て世帯の入居を望んでいる場合には、学校に通っている子どもたちが学校に通える範囲であることが重要になります。また駅から離れている場合にはバスなどの交通機関の利便性も入居率を左右する要素となります。高齢者の場合には近くにスーパーマーケットがあるなどの暮らしやすいマンションを選ぶ傾向があります。

家賃を設定する

家賃を設定する場合には周辺の地価を参考にしなければならないのですが、設備などが充実している場合や交通アクセスが非常に良い場合などには多少家賃が高くても入居率が高くなります。家賃とは別に共益費や駐車場代を支払う場合にはこれらの金額と住宅ローンを加算して考えなければならないので、周辺の物件との価格差があまり大きい場合には敬遠されてしまう可能性もあります。マンション経営に関しては専門的な知識を持っている業者の意見を参考にすることが大切で、将来的にその地域にどのような建物が造られるのかということを吟味して、どのような顧客にニーズがあるのかなどをしっかりと把握してから、決断をすることが大切です。また国内の景気や地価の動向などによって金額が変動することがあるので、政治経済にも気を配る必要があります。

  • 次へ
  • 次へ
  • もどる
  • 結果を見る
  • もどる